XOM、PFE、RTXがダウ銘柄から除外

2020年8月24日、ダウ工業株30種の構成銘柄から、エクソン・モービル(XOM)ファイザー(PFE)レイセオン・テクノロジーズ(RTX)を除外することを発表しました。

新たに3銘柄を組み入れ

XOMの代わりにセールスフォース(CRM)、PFEの代わりにアムジェン(AMGN)、RTXの代わりにハネウェル・インターナショナル(HON)が組み入れられます。

RTXとHONはコンパチ

RTXに関しては、元々、ユナイテッド・テクノロジーズ(UTC)がダウに組み込まれており、そこにレイセオン(RTN)が合併したので、名前がRTXに代わりそのままダウ銘柄に居座り続けた経緯があります。ソ連からロシア、中華民国から中華人民共和国に国が変わっているのに、国連の常任理事国に居座り続けているような感じでしょうか?

ハネウェル・インターナショナル(HON)は、かつてダウ銘柄に組み込まれていましたが、途中で除外されています。ビジネスは、民生部品や軍事製品を生産しているテクノロジー企業で、RTXに似ています。

PFEとXOMは時代の流れ

PFEがAMGNに替わったのは、今の時代の流れを感じさせます。PFEの方が老舗なのに、バイオ創薬企業のAMGNになったわけですから。PFEの薬、最近はヒット商品が出ていないんですよね。このままスランプ続きで萎んでいくのでしょうか?

もっと、びっくりなのは、ついにXOMからCRMという全く別業種の銘柄に切り替わったことです。CRMは、クラウド環境を提供する企業で成長企業です。石炭が下火になったように石油ビジネスは時代の中心ではなくなったのでしょう。石油を確保するために戦争になるような時代は終わったのだと思います。XOMは今後もきついと思います。

株価明暗分ける

こんなショッキングなニュースのために、ダウを除外された銘柄は、軒並み株価を下げています。逆に採用された銘柄は株価を上げています。

少し以前に除外された銘柄でゼネラル・エレクトリック(GE)があります。坂道を転げ落ちるように株価が下落し、ダウ銘柄から外されました。その後の株価は、やっぱり回復していません。

RTXホールドします

私の保有しているRTXも心配ですね。とりあえずは下げるでしょう。その後は、割安放置状態がしばらく続くと思います。しかし、収益が下がっているわけではないので、いずれは企業のファンダメンタルズが良ければ株価は回復すると思っています。だから、このままホールドです。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村