WWDC21でアップル(AAPL)からハードウェア発表なし、FaceTime通話に期待

こんばんは、チャイです。日本時間で、2021年6月8日(火)午前2時から、世界開発者会議(WWDC21)の基調講演において、私の大好きなアップル(AAPL)の新製品発表がありました。

ハードウェアは無し

事前の噂では、新型MacBookProの14インチが登場する予想でしたが、結局、ハードウェアは何も発表されませんでした。昨年暮れに、M1チップのMacBookPro13インチを買ったばかりですし、いますぐ新製品が登場するのもなんだか損した気分になってしまうので、少しホッとしています。

OSの一斉バージョンアップ

今回は、iOS15、iPadOS15、macOS Monterey、watchOS8、tvOS15といったアップル製品のOSの一斉バージョンアップが発表されました。

FaceTimeがズームのライバル

この中でも、iOS15に搭載されるFaceTime通話が大幅に強化されます。同じ部屋に座っているかのように自然な会話の音声で聞こえるらしいです。

仕事でFaceTime通話をiPhoneで使ったことがありますが、これも悪くないかなーって感じでした。しかし所詮、スマホについてるおまけ機能みたいな感じでしかなくて、本格的な会議になると、やっぱり、ズームやチームズになってしまいます。

新しいFaceTimeでは、グループ通話でグリッド表示で誰が話しているのかわかりやすくしたり、動画や音楽をグループでシェアリングしたりできるそうです。

かなりズームを意識したバージョンアップと言えます。こういうWEB会議系の銘柄を保有したいなとズーム(ZM)株を買おうか迷った時期がありましたが、これなら、このままアップル(AAPL)を保有するだけで十分な気がしてきました。

省電力モード

MacOS Montereyでは、バッテリーの消費を減らす省電力モードが導入されます。M1チップのMacBookだと、死ぬほどバッテリーが持ちます。さらにバッテリー消費減らす必要って、あるのかなあという気もしますが、さらにバッテリーの持ちがいいのなら、1泊2日ぐらいの出張だったら、充電器持っていかなくてもよさそうです。iPhoneもMacBookから充電すれば良いです。

アップル(AAPL)について行きます

MacOS Montereyでは、複数デバイスの連携機能も強化されます。MacBookの隣に、iPadをおくと、MacBookのカーソルが、端っこまで行ったら、iPadの方に行くらしいです。これって、iPadが外付けモニターになるってことですよね。こういうことができるようになったのも、M1チップになって、MacOSがiOSやiPadOSに近づいてきたおかげだと思います。

このまま、アップル(AAPL)を長期保有続けます。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村