バフェット氏の言動が一致しない

ちょっと前のニュースになりますが、2020年8月31日にウォーレン・バフェット氏が日本の5つの商社の株式をそれぞれ約5%ずつ投資したことを発表しました。これまでバフェット氏は日本株には投資していませんでした。

PBR1倍未満

バフェット氏の最近の投資スタイルは、今後成長できる優良企業の株をそこそこの価格で買って、長期保有するというものでした。日本の商社は優良企業が多いですが、これまで割安の状態で放置されてきました。PERは10倍未満、PBRも1倍未満です。

PBRが1倍未満というのは、会社の資産が株の時価総額を上回っている状態で、いますぐに会社を廃業しても、株主は会社の資産から持ち株に応じて投資した分を回収できるので、儲かってしまうという不自然な状態です。

だから、そういう歪んだ状態は正常な状態に回帰することが予想されるので、PBRが1倍になるまでは少なくとも株価は回復するから、含み益が出るはずです。

シケモク投資

でも、そういう投資は、バフェット氏の師匠であるベンジャミン・グレアム氏がよくやっていた投資法です。それだとシケモク投資と言って、株価が回復する分しか儲からないので、成長していく企業に投資すべきだというのがバフェット流の投資法です。

なんか変ですよね。普段、バフェット氏がこれまで言っていたことと違います。

分散投資

5つの商社に分散投資しているのも納得できません。分散投資はよくわかっていない人がする投資法だと言っていたのに変ですね。

永久保有

バフェット氏の投資に関する名言で、一生添い遂げたい銘柄に投資するというのもありますが、実際には、ほとんどの銘柄を数年おきに売却しています。

最近、びっくりしたのは、IBMの売却です。多くのバフェット信奉者がIBMを長期保有することを誓っていましたが、あのニュースで頭おかしくなった人も多いんじゃないでしょうか?

航空会社株の売却も驚きました。デルタ航空(DAL)に至っては、コロナショック後にナンピン買いしたのに、その後、損きりして売却しています。

バフェット氏が判断しているわけではない

何故こんなバフェット氏の言動は一致しないのでしょう?

さすがに、バークシャー・ハサウェイ(BRK)ほどの大企業が、バフェット氏の言った通りに売買しているとは思えません。優秀な人材が英知を集結させて、売買の決断を下していると考えられます。だから、バフェット氏の言っていることと、実際の売買は異なっていて当然です。

アウトパフォームできない

じゃあ、バフェット氏の言っていることを忠実に実行して売買していたらどうなるでしょうか?間違いなく市場平均を大きく下回ると思います。おそらく、過去の小さなバークシャー・ハサウェイ(BRK)なら、バフェット氏の独断でもアウトパフォームできたと思いますが、会社自体が大きくなりすぎて、投資で市場平均をアウトパフォームするのが難しくなっています。

BRKが大きくなりすぎた

極めて優秀な人材が日夜分析して、売買の決断を下したとしても、市場平均を上回るのが難しいほど会社が大きくなりすぎたということです。

例えば、バークシャーほどの大きな企業が成長するために、小さな成長企業の株を大量に買ったら、それだけで株価が釣り上がってしまって、割高になってしまいます。その後は、なかなか株価は上がらないので、リターンを得ることは難しいです。

大きな企業の株をどかっと買っても、大企業はすでに大きく成長してしまった企業がほとんどなので、市場平均を上回るのはやはり難しいです。

もう無理

要するに、バフェット氏の言葉どおりの投資は今のバークシャーにはできないし、やってもそれほど儲からないので、言動が一致しなくなっているということだと思います。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村