海外旅行で、コロナウィルスワクチン証明書必要

こんばんは、チャイです。2021年6月7日の日経新聞によると、新型コロナウィルスに対するワクチン接種を受けたことを証明するいわゆるワクチン証明書を今夏から発行することを政府が検討しているとのことです。

デジタルワクチン証明書

暫定的に、紙のワクチン証明書を政府が発行して、年内にはデジタル化してスマホのアプリで提示できるシステムを確立するのを目指します。

EUでは、7月からワクチン証明書を提示して域内の移動を解禁する方向に動いており、日本もこの流れに対応するために、ワクチン証明書の体制を急いでいるようです。

海外旅行解禁近し

EUが7月から運用するシステムでは、証明書があれば、移動後の自主隔離やPCR検査が省略されます。すでに、6月から一部のEU加盟国では試験運用が開始されています。

これまでは、14日間の隔離があったので、よほど時間にゆとりのある人以外は、事実上、海外には仕事や遊びで行けなかったんですが、このシステムが広がれば、やっと、海外旅行が解禁になります。

ワクチン差別?

アメリカでもワクチン証明書のシステムを導入している州がありますが、中には、ワクチン接種をしていない人への差別につながるとして、公的機関は証明書要求を禁止しているそうです。

PCR検査免除?

日本がワクチン証明書を発行しても、証明書の提示を日本が要求するようになるのか、それとも要求できなくするのか、どちらになるのかはわかりません。

多分、日本政府のことだから、任意になるんじゃないかという気もしますが、それでも、いくらなんでも、証明書を提示したら、PCR検査を検疫で行う必要はなくなるでしょう。

日本がどうであろうと、外国に行く時は必要

日本が提示を義務付けないとしても、ワクチン証明書がなければ、海外では往来が制限されてしまうのは間違いないです。国内でごちゃごちゃ言っても、外国には外国の掟があるので、それに従わないとしょうがないです。外国の掟に従って、ワクチン証明書を早く発行して欲しいです。

だから、海外に出ていく用事の多い人は、ワクチンを早めに打ってしまった方が絶対トクです。

今年の秋からか?

私は、すでにファイザー製ワクチンを2回接種して、2ヶ月が経っています。夏が過ぎたら、やっと海外に行けると思うと、すごく楽しみです。

実は、接種直後に、ワクチン証明書を発行してもらいに役所に行ったのですが、担当の人が要領を得ないで、保健所に電話して尋ねて欲しいと言われました。保健所に電話すると、それは役所の仕事だからと言われ、結局うやむやになってしまいました。多分、まだワクチン証明書発行のシステムができていなかったからなのかなと思います。

陸マイラーになって、かれこれ1年以上が経ってしまいました。気がついたら、デルタ航空のマイレージが、100万マイル近くたまっています。今年の秋は絶対何処かに行きます!

旅行関連の銘柄もあと数ヶ月経ったら株価が上がるでしょうね。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村