マリオットバケーションズワールドワイド VAC

ホテルチェーン企業は最近、バケーション事業を本体の経営から分離独立(スピンオフ)しているようです。基本的には、リゾート地の別荘の権利を販売して、それの管理費や修繕費などを徴収する事業です。顧客は、リゾート地の別荘をまるごと一軒購入するともったいないので、細分化して利用できる権利を買います。たとえると、ゴルフの会員権みたいなものかもしれません。ホテル事業よりもさらに富裕層が対象になるでしょうね。タイムシェア販売と言います。今風に言うと、タイムズのカーシェアリングみたいなものです。マリオットバケーションズワールドワイドは、米国、カリブ海、欧州、アジアに56カ所のリゾートと1万2100以上のタイムシェアヴィラを保有しています。2011年にマリオットインターナショナルからスピンオフしました。

マリオットバケーションクラブ

マリオットバケーションクラブに入会して権利を購入すると、マリオットバケーションクラブワールドワイドが所有する多数のヴィラを利用できたり、マリオットの系列ホテルを利用したりできます。具体的はポイントを購入して、そのポイントを消費して、さまざまな別荘宿泊やリゾート体験に利用することができます。値段は3万ドル弱からだそうです。ただ、年2,000ポイントを40年間近く毎年もらえる権利です。そうかがえると1年8万円ぐらいです。2,000ポイントでだいたい1週間ヴィラに泊まれるそうです。安いかも。しかも、マリオット系列のホテルに宿泊するためのポイントとしても使用できるそうです。かなりお得かも。ただし、毎年管理料の徴収があります。

当然、まるごと別荘を1軒購入するよりはずいぶんマシです。別荘を買っちゃったら、それを維持するのは大変だし、毎回同じ所ばっかりに泊まっても飽きてしまいます。そうかんがえるとかなりお買い得かも。

買収して大きくなっている。

今年の5月に同業でハイアット系やシェラトン系のタイムシェア販売運営をおこなっていたILGを買収しました。この統合によって、業界最大手となりました。

私、メンバーじゃないです。

ホテルの宿泊にも流用できるポイントならかなりお得かもしれません。実は、私、まだマリオットバケーションズクラブのメンバーではありません。マリオットインターナショナル(MAR)に対する分散投資の意味合いで、VACを保有しているだけです。今度、担当のかたに詳しく尋ねてみようかな?

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村