ビザ V

アメリカのカリフォルニアに本社があるクレジットカードを主力とする決済ブランドです。旅行で持っていくイメージがあるので、あのビザ(査証)を連想してしまいますが、Value International Service Associationという言葉の略語です。

Contents

カードがないと信用なし

日本にいると現金を持っていればどこでも買い物ができて、カードなんかなくても生活できますし、むしろ現金のほうが歓迎されたりすることもあります。しかし、それは、日本が大金を持ち歩いても狙われたりしない治安が良い特殊性があるからです。そういう日本の特殊性に、日本の企業があぐらをかいているように思います。先日、トヨタのディーラーで車検の代金とタイヤ交換の代金をクレジットカードで支払おうとしたところ、30万円以上はクレジットカードを受け付けられない、といわれました。アメリカ人に言ったら、世界企業のトヨタ自動車がクレジットカードの使用に上限があるなんて信じられない、と言われました。アメリカでホテルに泊まろうとすると、チェックインのときに、クレジットカードをお願いします、と言われます。カードを持っていなければ、信用のない人間だと思われてしまいます。日本ではホテルや高級レストランでもクレジットカードが使えないところがあったり、田舎の病院だと退院のときにクレジットカードが使えず、高額の請求にATMの50万円の引き出し上限にひっかかったりしてにっちもさっちもいかなかったりします。日本おかしいですよ。

VISAが汎用性高い

以前はダイナースカードを持っていました。ヨーロッパや東南アジアで使えないところが多くて、結局、VISAカードもつくり、面倒なので、ダイナースカードはやめてしまいました。アメリカンエクスプレスは高級路線で一流ホテルやレストランではアメックスのカードを出すと優越感を感じたりもしました。また、アメリカのコストコがアメリカンエクスプレスだけOKだったりしました(今はアメリカンエクスプレスでなくてもOK)。でもやはりアジアで使えないところが多くて、今はVISAとアメックス両方使っています。海外旅行の途中で現地通貨が足りなくなると不安ですし、かといって大金を現地通貨に換金して持ち歩くのは危険ですし、1番汎用性の高いVISAカードが必須アイテムとなります。

マスターカードはヨーロッパで強いカードで、世界で2番目に加盟店が多いカードです。VISAもマスターも、会社自体は決済業務に徹していて、百貨店、銀行などが独自の付加サービスをつけて、VISAやマスターブランドでカードを発行しています。このあたりがカードのさまざまなバリエーションや汎用性の高さに繋がっていると思います。VISAかマスターかどちらかを選べと言われれば、私の生活圏がヨーロッパ圏よりもアジア圏という点や、世界一加盟店の多いというアドバンテージから、やはりVISAを選びたいです。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村