ビザ(V)とマイクロソフト(MSFT)とレイセオン(RTX)から、配当668ドル入金!

こんばんは、チャイです。またもや仕事が立て込んでいてブログ更新が滞っていました。何年間にも渡って毎日更新している人って、すごいです。並大抵のことではないですよ。年中無休で働いているような感じでしょう。

MSFT、RTX、Vから配当金

急に、ドル建てのキャッシュが増えていたので、配当金をチェックしてみたら、9月11日に、マイクロソフト(MSFT)レイセオン・テクノロジーズ(RTX)から配当金が入金されていました。

なんと、9月3日に、ビザ(V)の配当も入金されていたことに気づきました。ビザ(V)は、配当利回りが小さいから、入金額が少ないので、気づかないことが多いんですよね。

着実に配当ゲット

ビザ(V)が1株あたり0.32ドルで、585 株保有なので、最終的な入金額は、134.28ドルになりました。

レイセオン・テクノロジーズ(RTX)が1株あたり0.51ドル、787株保有で、入金額が287.87ドルです。

マイクロソフト(MSFT)は1株あたり0.56ドル、612株保有で、入金額245.81ドルでした。

いずれも、前回の配当と同じ配当額です。

MSFTがハイテク銘柄なのに、配当も大きいですし、株価の上昇も着実で、キャピタルゲインとインカムゲインの両面から強い株だと思いました。昨年からMSFTへの投資を始めて良かったです。

年60万円の配当入金額

結局のところ、合計入金額は、667.96ドル、約7万円ということになります。先月もアップル(AAPL)から多額の配当金が入金されたので、年間いくらに配当金が入金されているのか計算してみたところ、年間税引後、約60万円でした。

高配当株を狙って投資しているわけではないので、株資産に対する配当利回りは、約0.4%ということになります。税込だと、約0.55%利回りぐらいでしょうか。

配当利回りは小さいですが、株資産が大きくなってくると、配当の金額も大きくなるので、馬鹿にはできないです。年60万円もあって、それを再投資に1銘柄に集中買い増しに使えば、それなりに大きな資産になっていきます。

ロナルド・リード氏

将来、リタイアしたときは、配当を再投資せずに、生活費に回すことになると思いますが、もしかすると、株資産がもっと大きくなって、保有銘柄が増配を続けていけば、持株を取り崩さなくても、このまま配当だけで生活できそうな気もしてきました。

なんだか、リアイアした時に、持株を取り崩すのって、もったいない気がしませんか?

あかん!このままいくと、ロナルド・リード氏みたいに、使わずに死んでしまいそう。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村