ビザ(V)から配当 コロナでも増配!

こんばんは、チャイです。先週末のアメリカ株式市場は、ダウ平均、S&P500、ナスダック指数、全て終値で過去最高値を更新しました。クリスマスラリーらしい12月第1週の取引です。ダウ平均もついに3万ドルを突破しています。私の株資産も過去最高になりました。やはり景気に対する政府の資金注入が随分と株式市場にお金が回ってきているということや、ワクチン接種への期待が高まっているからなのでしょう。

V株、コロナでも増配

2020年12月5日の朝、気がつくと、ビザ(V)の配当が入金されていました。一株あたり、0.32ドルです。前回までは、0.30ドルだったので、増配です。こんなコロナショックの中で増配できるなんて、ステキです。

合計585株だったので、受取金額は、134.28ドルになりました。

増配ペースは鈍化

でも、毎年+20%ぐらいの増配だったんですが、今回は、+6.7%の増配なので、ちょっと鈍化しました。やはり、コロナショックで、第2四半期と第3四半期のEPSが落ち込んでいます。それでも、市場予想を上回る決算を出しているようです。

V株は回復が出遅れた

これまで、V株は順調に株価が右肩上がりだったので、なかなか買い増しできるタイミングが見つからなかったんですが、今回のコロナショックで、5月と10月にそれぞれ100万円ずつ買い増しを実行することができました。

ハイテク銘柄に比べると、V株の株価の回復は少し出遅れています。クレジットカード会社なので、消費の冷え込みを懸念して、投資家が買いを後回しにしたせいなのかと思います。こちらとしては、V株がなかなか買えなかったので、ちょうど良いタイミングでした。

ホールド続けるべし

ハイテク株に比べると、今年のV株の株価はアンダーパフォームしていますが、それでも、年初来10%以上も株価が上昇していますし、全然気にする必要はありません。このままホールド続けます。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村