ビザ(V)からの配当金 Vの配当はボディーブローのように効く

2019年12月9日づけの入金日で、ビザ(V)から配当金が振り込まれました。

今回から0.3ドルに増配

1株あたり、0.3ドルです。今回の配当から増配されています。前回は、0.25ドルでした。ということは、20%の増配です。その1年前の配当金は0.21ドルだったので、やはり1年前も20%増配されていることになります。その前は、0.165ドルだったので、27%増配でした。こんな感じで、ビザ(V)は、毎年の増配率がすごいです。しかし、配当の年利回りは、たったの0.66%です。これはダウ銘柄の中では、1、2を争う低配当株です。

低配当株だが騙されてはいけない

なんで、こんなに配当利回りが低いのかといえば、株価の上昇が毎年著しいので、大きく増配されても、すぐに上昇した株価で割り算すると希釈されてしまうからです。しかし、株価の上昇は決してバブルで上昇している訳ではなく、EPSも着実に増えています。

EPSは、2015年2.58ドル、2016年2.49ドル、2017年2.81ドル、2018年4.45ドル!、2019年5.32ドル!です。EPSは、earnings per shareですから、文字通り、1株当たりの利益ですから、利益が毎年どんどん増えているということなので、素人でもわかるくらい、無茶苦茶儲かっているということです。

V株長期投資は高配当につながる

私の今回の配当金は、V保有株数が426株だったので、127.80ドル、最終的な受け取り金額は91.66ドルでした。1千万円近くV株を保有していて、手取り1万円って、なんかトホホな感じですけど、これが10億円とかV株を持っていたら、手取り100万円ですよね。毎年20%も増配するんだったら、4年もしたら、手取り200万円が年4回振り込まれるようになります。さらに4年したら手取り400万円が年4年です。そう考えると、V株を長期保有して、キャピタルゲイン、インカムゲインの両方取りも悪くないかもと思えてきます。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村