米国株過去最高値更新!調整局面はいつなのか?

こんばんは、チャイです。米国株のアノマリーとして、8月は例年、株価が下がりやすい月です。しかし、8月最初は、ちょっと下がりましたが、すぐに株価は回復してしまい、S&P500指数は、2021年8月6日(金)には過去最高値を記録してしまいました。

ナスダックも好調

ナスダックは、8月6日(金)には、調整が入りましたが、前日の5日には、過去最高値を更新しています。

米国はコロナを克服

6日に発表されたアメリカの7月雇用統計も好調で、94.3万人増で、予想を上回る増加になっています。失業率も5.4%に改善しており、コロナ感染でデルタ株の感染が拡大していますが、アメリカはコロナによるビジネス構造の変化に柔軟に対応できているということになります。

どうした?日本

一方、我が日本は、東京オリンピックで金メダル獲得数が伸びており、通常なら株価が上昇してもいいはずなんですが、チャートを見れば一目瞭然で、2月に3万円台を突破した後、ズルズルと下げており、日経平均は、現在27,820円となっていて、-10%近くピークから下げています。

もし私が日本株投資家だったら、かれこれ半年近く株価が下がって、-10%近くも株資産が減少して、いつ回復するのかわからない状態だったら、かなり精神的に辛いと思います。

日本株に全力長期投資するのは、相当忍耐力がないと無理です。

日本人が、株はギャンブルだ。銀行に預けておこう。と思うのは当然です。だって、株で保有していたら、-10%も減っちゃうんですもの。それなら、銀行に預けておいた方がマシです。

ワニのように

話は戻りますが、この先、米国株、いつ調整局面を迎えるのでしょう?株価が下がるのは、前触れもなく、ある日突然です。やはり、8月9月は警戒しておいた方が良いです。

急落したら、買いを入れます。最近、Facebookで、アフリカのサバンナのオアシスで水飲みしているシカやヒョウが、水中に隠れているワニに、ガブっとやられて引き摺り込まれる動画を見ました。ワニは、ずっと水中に隠れて、水辺に寄ってくる動物を待ち構えています。

今の私の心境はそんな感じです。水中に潜むワニのように調整局面を待ちます。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村