米国株急反発!もう1回下がった時にGAFA買いなさい

2020年3月2日のアメリカ株式市場は、新型コロナウィルス肺炎騒動による急落から大幅反発しました。売られすぎていたところからの買い戻しと、パウエルFRB議長からの利下げ示唆が好感されたようです。

S&P500指数+4.6%上昇

S&P500指数も+4.60%反発しました。3月3日の先物取引でも今のところ続伸していていい感じです。

私の大好きなアップル(AAPL)株なんか+9.3%も反発しました。すごい。

また下がるよ

では、このまま順調に株価は上昇して、過去最高値付近まで回復するのでしょうか?

いや多分、まだグダグダすると思います。今週終わりぐらい、もしくは来週あたりにもう一回下がる局面が訪れるのではないかと予想しています。

最近のS&P500指数のチャートを眺めてみても、大きく落ち込んだ時は、その後ももう1回、ひどい時は2回3回4回・・・と繰り返し上下しながら回復しています。

今回の下落はかなり大きな落ち込みです。今回だけ、このままどんどん上昇していって回復するとはとても考えらないです。

二番底まで待て!

こういうのをチャートで二番底って言います。1回目の急落で投げ売りが大量に出て、その後、買いが入って、株価が回復してきたら、1回目の下げで売り抜けられなかった人が遅れて売り始めるのでもう1回下がるそうです。だから、二番底を打ってから、買いに入っても遅くはないということになります。

いますぐ買いなさい

つい最近、今は株価が急落しているので米国株を始めたいという知り合いから相談を受けました。実は、私は「すぐ買いなさい、今が買い時!」と答えました。さっきの二番底の理論はどこいったの??

円高なら失敗が少ない

なぜなら、今は、1ドル108円を割り込むぐらい円高が進んでいます。日本人投資家なら円でキャッシュを持っているので、円高の時に米国株を買えば、多少タイミングがずれていたとしても被害は小さいです。その知人は、アルファベット(GOOGL)を買いました。

アップルもそうですが、GAFAと呼ばれる米大型ハイテク株が円高差益還元セールで大安売り状態です。ぜひ、今仕込むのがチャンスです。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村