宅ふぁいる便のパスワード大量流出

先日、利用していた「宅ふぁいる便」のサイトをみてみると、サイトがこんな風になっていました。

調べてみると、顧客のパスワードデータが大量流出してしまったとのことで、サービスが停止したとのことです。

「宅ふぁいる便」は、しっかりした企業

メールの添付ファイルで、大きなデータを相手に送らないといけないとき、相手方のメールサーバの設定で、跳ね返されることがあります。大容量ファイルをアップロードして、相手方にアップロードしたサイトを自動的にメールでお知らせするサービスがあれば、データをダウンロードしてもらえます。

宅ふぁいる便は、「オージス総研」という大阪ガスが親会社の大容量ファイル転送サービスの会社で、すでに20年間も続いています。

ちゃんとした会社の安全なサイトでも、データが流出することがあるということです。ちゃんとした会社だから、流出したことに気づき、さらに、今回の事件を公表したということなのでしょう。おそらく、もっといい加減な会社だったら、もっとデータ流出のリスクは高いでしょうし、流出にも気づかないですし、流出に気づいたとしても知らないふりをしてしまうでしょう。

過去にも流出経験したことがある

どの企業なのか明らかにしませんが、以前にも私が利用している企業の通販サイトで流出事件があり、サービスが中止されたことがあります。そのサイトも大変有名な一流企業が運営していました。

銃乱射事件犯のiPhoneのロック解除をアメリカのFBIアップルに要請して、アップルが拒否したという事件がありました。結局、FBIは別の会社に依頼して、そのロック解除に成功しました。私は、顧客を守るというアップルの企業姿勢に深く共感しました。しかし、本気になったら、アップルの鉄壁の守りでも破られてしまうようです。

パスワードを使い回ししないこと

最近、ネットの利用頻度が増え、パスワードやID設定の頻度が増えてきました。めんどくさいので、パスワードやIDを使い回していませんか?いろんな人に尋ねてみましたが、多くの人が使い回していました。

使い回していると、今回のような事件が起こると、複数のサイトのパスワードが破られてしまいます。銀行や証券会社などの大事なサイトのパスワードは、ほかのパスワードと一緒にしないことです。

だれかの誕生日とかにしているのも危険です。例えば、1月3日生まれのペットの誕生日とかにしていると、0103なので、0から順番にたどっていくと、結構早いうちに破られてしまいます。最初に、0や1は使うべきでないです。

昔から使っているサイトが危ない

昔はそれほどパスワードを設定する機会がなかったので、昔から利用しているサービスのサイトでは、ゆるいパスワードを使い続けていることが多いと思います。

みなさん、いまいちど、パスワードを確認して、より強固なパスワードに変更しましょう。