N国党の立花孝志さんがマツコデラックスにネガティブキャンペーン

5時に夢中というTOKYO MXテレビの番組で、人気芸能人のマツコデラックスN国党立花孝志さんを批判した事に対して、立花孝志さんがユーチューブでマツコデラックスを激しくネガティブキャンペーンしています。

今まではマスメディアに叩かれっぱなしだった

今まで、テレビの出演者が番組の流れに沿って、特定の人物を批判すると、批判されたほうは、反撃のしようがありませんでした。記者会見を開いても、詰めかけた報道陣に散々集中攻撃されて、最後にスタジオにコメンテーターに一方的に批判されてトドメを刺されるのがオチでした。

ユーチューブが反撃の機会を与えた

インターネットの登場、特にユーチューブで情報発信ができる時代になって、状況が大きく変わってきました。アウェーになるテレビ局で放送してもらわなくても、自分の陣地から自分の言い分をノーカットで発信できるのです。

マツコデラックスの方が手も足も出ない

マツコデラックスが番組からいくらギャラをもらって、マスメディアに味方するようなコメントをしているのかとか、CM料がいくらぐらいなのかも、立花氏はユーチューブで暴露しています。また、マツコデラックスが出演しているCMの商品を買いませんと宣言し、スポンサーからCMを降板される懸念も出てきており、マツコデラックスが一番痛いところを突いてきています。

今のところ、マツコデラックスは立花氏の批判に対して沈黙しています。反応してしまうと、テレビ視聴者がユーチューブを見てしまい、真実を知ってしまうことで視聴者のマツコデラックス離れを招いてしまいますし、立花氏のチャンネル登録が増えて、敵に塩を送ることになってしまいます。

私の知人も殺された

実は、私のかつての知人が、マスメディアや週刊誌にボコボコにされて、自殺してしまいました。当時はまだユーチューブもなかったですし、テレビで記者会見までさせられて、自殺する直前は心ここにあらずといった状態でした。立花さんのようにメディア慣れしている人ならまだしも、そうでない素人だったら、とてもじゃないけど普通の精神状態ではいられません。

アルファベット(GOOG、GOOGL)に感謝

ユーチューブは、これまでマスメディアに対して無力だった個人が反撃できる強力な武器なのです。そういう意味では、ユーチューブの親会社のアルファベット(GOOG、GOOGL)には私は感謝しています。

逮捕されないか心配

しかし、マスメディアは権力と太いパイプを持っています。いざとなったら、会計処理の不備をついたり、細かいことにケチをつけて、最後は警察も動かざるを得なくなり、立花さんが難癖をつけられて、逮捕されることになりはしないかと心配しています。

目立つと、マスメディアは本気で粗探しをして、最後は警察を動かしてしまいます。堀江貴文氏もニッポン放送を買収しようとしたあたりから、マスメディアに目をつけられて、最後は、ライブドア事件で刑務所送りにされてしまいました。

もっと軽微なものなら、ユーチューバーのジョーブログのジョーさんも、渋谷のスクランブル交差点での企画が目立ちすぎて、テレビで取り上げられ、最後は、警察に書類送検されてしまいました。こうなってしまうと同じようなことをもう一回やると、今度は、起訴されてしまいます。ですから、ジョーさんは昔のような過激な動画が作れなくなると思います。

でっち上げでもなんでもいいから逮捕

立花さんにそういう細かいアラがなかったとしても、痴漢されたとか盗撮したとか、全くのでっち上げでしょっ引かれることもあり得ます。せっかく、ここまでNHK問題を含めてマスメディアの問題を提起してくれているのに、潰されてしまわないとかと、私はちょっと心配しています。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村