株暴落!あなた株売る?

新型コロナウィルス肺炎の感染が世界中に広がっていることから、2020年2月24日のアメリカ株式市場は大幅安になりました。S&P500指数は、-3.35%、ダウ指数は、-3.56%、ナスダックは、-3.71%の下落です。S&P500指数が1日でここまで下落したのは、2年ぶりのことです。

億り人脱落

チャートを振り返ってみてみると、ドカ下がりです。

S&P500
ダウ指数
ナスダック

1月末の新型コロナウィルス肺炎が中国で拡大した時期の水準までの値まで戻ってしまいました。

昨夜一晩で、-600万円以上、私の株資産も減りました。億り人脱落しました。

ドル円相場は、円高に振れています。これは、日本以外の国にも感染が拡大してきているので、とりあえず安全資産の円が買われたようです。

世界同時株安

引き続いて、25日の日経平均も一時1,000円以上も値を下げました。世界同時株安の様相です。

あなた、株売る?

長期投資家の皆さん、どうされますか?今から、売りますか?

すでに、株価は急落しており、今から売っても正直逃げ遅れるだけです。

ちなみに私は全く売る気はありません。

すでに2月から4月までの買い増しは、2月初めのコロナウィルス感染拡大の時に済ませてしまいました。もし、その時に、買い増しのチャンスを取り逃した人は、今が買い増しのチャンスです。

世界中に感染拡大は必至

今回のウィルス騒動は、いくら予防を心がけても、最終的に世界中に広まってしまいます。そのうちにみんな免疫がついて、夏が来て暖かくなったら、うやむやになって収束するでしょう。あまり話題に上らなくなった頃には、株価は回復しています。

最悪なのは、「みんなが売っているから自分も売ろう」なんてやっていたら、「高く買って安く売る」になってしまいます。

ネットの投資情報では、売れ!売れ!の大合唱でしょう。そうやって、証券会社は手数料を稼ぐのです。

みんなと同じから卒業しよう

私は、「みんなトイレットペーパー買い占めているから列に並んで自分も買わなきゃ」とか、「みんな並んでいるから僕もこのお店に並んでみよう」とか、「マスクが不足しているから、ひとり1個までだけど買っておこう」とか、そんな人間にはなりたくありません。

人と違うということを子供の時から誇りにしてきました。

だから、売ったら負けです!絶対!

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村