海外旅行の移動時間が短縮できるなら宇宙船も良いかも

こんばんは、チャイです。体調不良で寝込んでいました。まだちょっと体がだるいです。蒸し暑くて、エアコンつけたまま、裸で寝ていたのがよくなかったのかも。ところで、2021年7月11日、米宇宙企業のヴァージン・ギャラクティックの創業者であるリチャード・ブランソン氏が、自社の宇宙船で宇宙空間に到達したというニュースが届きました。

ブルー・オリジンに先立って

アマゾン創業者のジェフ・ベゾス氏も自ら設立したブルー・オリジンの宇宙船で宇宙旅行を計画していましたが、これに先立って、ヴァージン社が宇宙に辿り着いたことになります。

宇宙行きたいか?

みなさん、宇宙に行きたいですか?この歳になると、宇宙空間から地球を見てみたいなんてことに、わざわざ大金を使って挑戦したいなんて、私は全然興味がありません。

だって、宇宙船の中は狭いし、乗り心地は悪いし、ご飯もまずい上に、トイレも不自由です。おそらくウォシュレットはありません。お風呂も多分入れないでしょう。

飛行機のエコノミークラスの座席に3時間座っているだけでもしんどいのに、月まで2週間かかるとか言われたら、死んでしまいます。

景色も真っ暗だし、すぐ飽きてしまいます。

客室乗務員のお姉さんもいません。

ベゾス氏と一緒に宇宙に行こう!なんて言われても、オッサンと一緒に旅して楽しいですか?どう考えてもしんどそう。

宇宙酔いって、すごいらしいです。狭い宇宙船で長時間船酔いに耐えないといけないなんて、拷問です。なんだか、アメリカ大陸に売られていった黒人奴隷船のような状態なのに、大金払いたくありません。

瞬間移動が実現する

しかし、7月12日付の日経新聞になるほど!と思う記事がありました。大気圏を移動する飛行機に比べて、ロケットは宇宙にドーンと打ち上げられるので、飛行機で10時間ぐらいかかる国際間の移動が、たったの30分ですみます。

もちろん、もっと安全で安価で大量輸送が実現しないと無理ですけど、この瞬間移動のような移動手段を海外旅行に役立てたら、すごく便利だと思いませんか?

「そんな瞬間で移動したら、味気ないよ、フライトを楽しみたい!」という人もいるかもしれません。でも、船旅から飛行機に取って代わられたように、ロケットが普及していけば、もう飛行機で海外に行く人はごく少数になるんじゃないでしょうか?

宇宙開発はビッグビジネス

もしかしたら、ベゾス氏やブランソン氏、イーロンマスク氏らは、超高速移動というビジネスに照準を合わせて、宇宙旅行を計画しているんじゃないでしょうか?

だったら、すごいビジネスチャンスですよね。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村