S&P500 ETF バフェットも勧める年率7%の鉄板投資!

S&P500とは、アメリカの投資情報会社であるスタンダード・アンド・プアーズ社が算出している代表的な株価指数です。アメリカの証券取引所に上場している代表的な500社の株価から構成されており、たった30社からしか構成されていないダウ平均株価よりもアメリカの株価の動きをより正確に反映していると言われています。でも、私が見る限り、だいたいダウもS&P500も同じような動きをしています。そう考えると、ダウは30種だけのわりには優秀な株価指数だなと思います。

S&P500 ETF

ETFとは、Exchange Traded Fundsの略称で、証券取引所に上場している投資信託のことで、日本語では上場投資信託とよばれます。さまざまな株価指数に連動するETFがあり、S&P500 ETFは、S&P500株価指数と連動して株価が上下し、配当金も連動して支払われます。つまり、S&P500 ETFを買うだけで、S&P500を構成する株すべてに自動的に分散投資することができます。銘柄としては、バンガード・S&P500ETF ティッカーシンボルVOO、SPDR S&P500ETF ティッカーシンボル SPY 、iシェアーズ・コアS&P500ETF ティッカーシンボル IVVなどがあります。これまで証券会社で購入した投資信託よりも運用手数料もぐっと安いです。

S&P500は年7%上昇!

S&P500は、これまでの過去の歴史において、年平均にすると7%上昇しました。年7%というと、約10年間投資すれば、元本が2倍になります。20年で4倍です!

ファンドマネージャーもS&P500には負ける

短期で株を売ったり買ったりしているファンドマネージャーの大多数がS&P500にパフォーマンスで負けると言われています。いろいろ策に巡らして、策におぼれてるぐらいなら、S&P500 ETFを買っておいて、株価も見ずに山にでもこもっていたほうがよさそうです。

ウォーレンバフェットも勧めている

世界最強の投資家であるウォーレンバフェットも引退後は妻にS&P500 ETFを買いなさいと勧めました。もし、株にあまり関心がないのなら、S&P500 ETFを買いましょう。はい、おしまい。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村