ヴァンエック・半導体株ETF(SMH)でQQQに勝つ

こんばんは、チャイです。先日、保有銘柄変更で、新たにヴァンエック・半導体株ETF(SMH)を購入しました。私には初体験のETF購入です。

半導体株に分散投資

ヴァンエック・半導体株ETF(SMH)は、米国に上場する半導体銘柄25個に連動するETFで、ナスダックに上場されています。

トップ10に入っている銘柄を見てみると、1位エヌビディア(NVDA)、2位台湾セミコンダクター(TSM)、3位ASMLホールディング(ASML)どうもオランダの半導体メーカーみたいです、 4位アドバンスドマイクロデバイス(AMD)、5位クアルコム(QCOM)という感じで、アメリカ以外の企業も含まれていますし、半導体企業新旧入り乱れています。

わかっていない人におすすめ

確かに、私みたいな半導体の入っている機器は使っているけど、よくわかっていない人には、ちょうどいいです。

経費率は、年0.35%です。微妙ですね。一昔前だったらかなり安い経費率ですけどね。

分配利回りは0.48%で僅かに分配金が出ます。

QQQにアウトパフォーム

今のところ、鉄板ETFと思われるQQQに長期でアウトパフォームしています。やっぱりQQQ意識してしまいます。QQQに負けていいとは思えるほど、悟りをひらいていないです。煩悩あり過ぎかも・・・。

SMHを組み入れて、それでもQQQにアウトパフォームするのであれば、頭丸めて、QQQの軍門に下ります。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村