結局、大型ハイテク銘柄だけに投資すべきか?

新型コロナウィルス肺炎による経済活動停止で、アメリカの新規失業保険申請者数は、先週1週間だけで、298万1千人も申請しました。すでに、アメリカの雇用者の5人に1人が失業保険を申請した計算になっています。

5月は下がっている

S&P500指数は、4月が随分上昇していたので、経済活動の再開とともに5月も上昇していくのかと思っていたら、5月も折り返し点まで来ているのに、4月末よりも、-2%下がっています。2020年5月14日の取引では、反発して引けたので、これでもまだ持ち直したほうです。

ナスダック好調

非常に興味深いことに、3指数の中で、最高値から比較して現在までのところ、ナスダックが一番回復しています。一方、ダウ指数が最悪です。

ダウ指数 -20.1%下落

S&P500 -15.9%下落

ナスダック -9.1%下落

これは、ナスダックに含まれている銘柄には、コロナの濃厚接触のリスクが小さいハイテク企業が多く、ダウ指数には、リモートワークのやりにくいオールドエコノミーの企業銘柄の比重がより大きいからです。

ナスダックがダメージ小さい

コロナショックでの底値との落差はどうだったでしょうか?最高値から引き算して割ってみると、

ダウ指数 -38.4%下落

S&P500 -35.4%下落

ナスダック -32.6%下落

なんと、ナスダックが一番優秀、ダウ指数が一番ダメでした。

ちょっと意外ですよね?ナスダックって、ハイテクの成長株や歴史の浅い企業の銘柄が多いので、下がるときは思いっきり下がるのかなと思っていたら、S&P500指数よりもマシでした。むしろダウ指数に組み込まれているような重厚な企業の株の方が下げがきつく、回復も遅いということになります。

となると、ナスダックの大型株100銘柄のETFであるQQQの値動きはどうだったんでしょう?

QQQ

最高値から2020年5月14日の終値までの変化 -6.6%下落

最高値から底値までの変化 -30.5%下落

なんと、3指数で一番優秀だったナスダック指数よりもさらに優秀です!

私のQQQ組み入れ銘柄

私の保有銘柄11個のうち、QQQに組み入れられている銘柄は、

アップル (AAPL)

アマゾン (AMZN)

アドビ (ADBE)

アルファベット (GOOG)

マリオットインターナショナル (MAR)

の5銘柄です。

この中で、コテンパンにやられて、半値になって、配当停止に陥っているのが、MARですが、それ以外の銘柄は確かに具合が良いです。

最高値から2020年5月14日の終値までの変化を見てみると、

アップル (AAPL) -5.6%下落

アマゾン (AMZN) +10%上昇 最高値更新

アドビ (ADBE) -8.1%下落

アルファベット (GOOG) -11.5%下落

マリオットインターナショナル (MAR)-48.3%下落

です。

AMZNが際立って好調で、AAPLもアウトパフォームしています。QQQの組み入れ銘柄の中でもAMZNとAAPLは比率が大きいので、こういう大型ハイテク銘柄が市場を牽引していると考えられます。

大型ハイテク株だけに投資するべき?

ということは、あまり考えないで、順張りでQQQを買い増しするか、GAFAMに代表される大型ハイテク株を買い増し続けると、市場平均を大きく引き離してアウトパフォームできそうです。

ただ、それがこれから先も続くのかがわからないところが悩ましいところです。これからもリモートワークが進みそうだから、と、みんな思っているということは、大型ハイテク株をみんな急いで買っているわけだから、すでに値上がりしていて、今後息切れして失望売りに繋がるかもしれません。

以前に、ボーイング(BA)がすごく調子が良い時がありました。市場平均を大きく上回るリターンで、防衛関連銘柄の中では、BAだけに集中投資した方が良かったかな?と思った時期もあったくらいです。それが、今や大損しています。

分散投資を忘れるな

だから、分散投資は大事です。調子が良いからと言って特定の銘柄に比重を置きすぎると危ないです。

私のポートフォリオも気がついたら、AAPLVAMZNGOOGADBEの大型ハイテク銘柄だけで、73%を占めるようになっています。

一方、株価が暴落したボーイング(BA)デルタ航空(DAL)マリオット・インターナショナル(MAR)は損切りしたわけでもないのに、自然に小さくなって、合計で9.3%のポートフォリオになっています。

ここまで小さくなると、さらに小さくなっても全体に及ぼす影響は小さいですし、逆に予想外に反発して上昇するかもしれません。

だから、下げた株はそのままホールド、ハイテク銘柄はバランスが崩れない程度に買い増しをしていきます。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村