レイセオン (RTN)

私が保有する銘柄11銘柄の最後の銘柄ご紹介です。これも軍需産業に関連する企業です。世界第1位の規模を誇るミサイルメーカーです。

歴史

もともとは、交流を直流に変換するための整流器を作っていた会社でした。この会社も第2次世界大戦の時に、マイクロ波レーダーの開発で、軍需機器メーカーとして成長しました。戦後は、この技術が電子レンジにも役立てられるとのことで、家電も作っていましたが、途中で撤退しています。

誘導ミサイルの開発は、戦後の1948年からですが、1991年の湾岸戦争の時に、レイセオン製のパトリオットミサイルが有名になったあたりから、世界的に知られるようになってきました。

有名なミサイルがずらり!

パトリオットミサイルは、地対空ミサイルで、湾岸戦争の時は、イラクがイスラエルに向けて撃ち放ったスカッドミサイルを撃墜したことで有名になりました。日本の自衛隊にも配備されており、海上自衛隊のイージス艦が撃ち漏らしたミサイルを迎撃します。

トマホークは、巡航ミサイルです。要するに誘導ミサイルのことです。艦船から発射し、地上や水上の敵に対して、核兵器や通常弾で攻撃します。

その他、日本のイージス艦に搭載されている迎撃ミサイルも生産しています。

レーダーも品揃え多数!

もともとレーダーを生産していた会社ですから、さまざまなレーダーを開発しています。そもそもこのようなミサイルを精密に敵のミサイルに当てようと思えば、レーダーシステム無しには不可能です。ですから、ミサイルを購入すれば、もれなくレーダーも購入しなければなりません。

あと、戦闘機にもレーダーが必要です。

アメリカの重要な情報機密を担う製品多数!

戦闘システムや電子戦システム、海上統合システム、空中統合システム、指揮統合システムなど、複雑な現代戦に必要なシステムを取り扱っており、米国政府の安全保障の奥深くまで染み込んでしまっています。

日本の税金はレイセオンに流れている?

朝鮮半島が緊迫すると、日本政府は迎撃システムをアメリカから購入します。つまり日本はレイセオンのお得意様です。北朝鮮が存続してもらった方が、アメリカとしてはありがたいと思っているのかもしれません。

在日米軍のミサイルもレイセオン製です。在日米軍の費用は、日本の税金でまかなわれています。決して世界平和のために米軍は日本に駐留しているわけではなく、米軍兵士の給料は日本の税金ですし、装備も日本の税金でまかなわれており、米国政府は、冷徹に自国の利益を追求しています。

おかしいですよ、日本は独立国なのに、外国の軍隊が駐留していて、日本人の働いたお金がアメリカに徴収されているわけだから。それって、植民地っていうことですよ。

日本のサラリーマンが残業してへとへとになって、中には自殺するヒトも出て、年収500万円以下です。さらに所得税、健康保険、年金、住民税を引かれて、消費税! 子供の学費は高いし、とても株式投資に貯金を回せません。植民地奴隷状態です。

こういう邪悪な企業の株を保有すると言うことは、植民地の支配者をさらに株主になって支配する立場になるということであり、仕返しの意味もあると私は思っています。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村