故 ロナルド・リード 氏 バイ&ホールド

ロナルド・リード氏は、800万ドル(約9億円)の資産を残したブルーワーカーとして、米国株投資をされている読者には、大変有名な人です。

米国株に長期投資するとだれでも大金持ちになる

バーモンド州で暮らし、2014年6月に92才で死去されました。ガソリンスタンドで勤務し、その後は、百貨店の用務員として75才まで働いていたそうです。おそらく収入は少なかったはずですが、毎月こつこつと、米国株を買い増しを続け、亡くなったときは、800万ドルに資産が膨れあがっていたという人物です。

株式投資を始めたのは、37才の時からで、決して早い訳ではありません。おそらく投資を始めてしばらくは、試行錯誤も繰り返したはずですが、最終的に長期保有を徹底する投資法に行き着いたようです。約50年ぐらい積み立てと配当金の再投資を繰り返しているとこんな風になってしまうということです。

とんでもない倹約家

有料の駐車場はもったいないので、遠くの無料駐車場を探し回って車をとめたり、ボタンのとれたコートを安全ピンで留めて着続けたりといった徹底した倹約家だったそうですが、経済や株式情報を得るために、毎日欠かさず、ウォールストリートジャーナルを購読していました。趣味は、「貯金」「株を買うこと」という人ですね。

結婚していたらしい

こういう人だから、独身かと思いきや、連れ子が2人いる女性と結婚していました。結婚した女性もよく辛抱したものです。しらなかったのかなあ?

保有銘柄はディフェンシブ

保有銘柄の上位10銘柄をご紹介します。

今となれば割とディフェンシブな銘柄かバフェット銘柄です。

ウェルズファーゴ(WFC)

プロクター&ギャンブル(PG)

コルゲート・パルモリーブ(CL)

アメリカン・エクスプレス(AXP)

JMスマッカー(SJM)

ジョンソン&ジョンソン( JNJ)

VF(VFC)

マコーミック(MKC)

レイセオン(RTN)

ユナイテッド・テクノロジーズ(UTX)

日用品を扱う銘柄が多いのは、ガソリンスタンドや百貨店の清掃員として勤務していたので、なじみの銘柄だったのかもしれません。またレイセオンに投資していたのも第二次大戦で従軍していたことと関連あるのかもしれません。

ロナルド・リード氏の投資法は正しい

ロナルド・リード氏の話を聞いて、株式投資という側面から考えると、大変重要なことを学ぶことが出来ます。

アメリカ株式市場は右肩上がりなので、長期保有で資産が着実に増える。

毎月、積み立て投資をすること。

決して株を売らない。バイ&ホールドに徹する。

配当金を再投資することでさらに資産が増える。

利息が利息を産む。複利効果はすごい。

支出を減らすことで、だれでも億万長者になれる。

しかし、なんか違和感を感じませんか?次回、そこを深掘りしたいと思います。