コロナショックから完全復活!リターン過去最高、米国株投資最強伝説

2020年8月20日(木)のアメリカ株式市場取引終了の時点で、私の株資産は、過去最高値を更新しただけでなく、ついにコロナショック前の株式リターン額を上回るリターンを達成しました。

毎日株資産をチェック

ちなみに私は、アメリカ株式市場の取引終了後、日本時間で毎朝欠かさず、株資産の合計額とリターンの差し引きをドル計算と日本円計算でエクセルに入力して管理しています。

こんなこと毎朝していたら、毎日の変動で一喜一憂して、大きく下がった時は、株を売りたくなる衝動に駆られてしまうんじゃないかと心配される人もいるかもしれません。

そう言う意見もあるかとは思いますが、私の考えはちょっと違います。

毎日チェックすることで、日々の株価の上下変動に目が慣れてきて耐性がつくと思っています。株資産1億円になってくると、1日で100万円ぐらい平気で上下します。この動きに普段から慣れておく精神を鍛えておかないといけません。強くならなきゃ。

あと、毎日記録しておくことで、過去を振り返ることができます。記憶だけに頼っていると、いつの間にか頭の中の記憶が書き換えられていて、昔はもっと儲かっていたのに、とか、この銘柄長期保有している割にはあんまり儲かっていないよな、とか、実は過去の株価のほうがずっと安値だったり、ずいぶん長く保有しているつもりがまだそれほど年月が経っていなかったりするのに、勘違いしていることって結構あります。

2020年2月19日

コロナショック前で一番リターンが大きかったのは、私のエクセル記録簿によると、2020年2月19日(水)の取引終了後になっています。この時のリターンは、+3,478万円でした。株資産は、ドルで94万ドル、円計算で1億483万円です。当時のドル円相場は、1ドル111.24円です。今から思えば、かなり円安です。

この時期、一体何があったのか振り返ってみると、新型コロナウィルスの感染患者が日本で増え始め、中国に次いで、日本が2番目に多い感染国と言う時期でした。そこで、日本経済の下ふれリスクが懸念され、日銀から金融緩和が言及された時期でした。

+3,583万円

一昨日に過去最高リターンを更新しましたが、昨日8月21日(金)のアメリカ株式市場も続伸したので、さらに記録を更新しています。

昨日の時点での株資産は、103万ドル(ドルでもミリオネア!)、円換算で、1億988万円でした。現在のドル円相場は、1ドル105.79円です。5%ぐらい2月19日よりも円高になっています。

この半年間のうちに、400万円追加投資しています。

この400万円を差し引いてリターンを計算すると、+3,583万円のリターンとなります。ちなみに昨日の株式市場の続伸だけで、+96万円も増加しています。

円高、気にするな

市場平均であるS&P500指数もちょうど最近になって、コロナショック前の最高値を更新しました。円資産からドル転して保有している私の株資産を円換算してみると、大体S&P500のリターンと同じタイミングで同じような結果になっているのが興味深い現象です。

ドル円相場の変動も株式の取引の上下にうまく織り込まれていると言うことなのかもしれません。そう考えると、円高になったら、日本人米国株投資家の株資産は円換算で減ってしまいますが、そのぶん、米国株は上昇するので、資産の目減りは緩衝されるのではないかと思いました。

今年の目標まであと12万円

昨年の暮れの株資産は、8,931万円でした。2020年も買い増しを続けていく予定でしたし、2019年はアメリカ株式市場は好調だったので、2020年は調整局面はあるだろうとは思っていました。2020年の目標としては、1億円~1億1千万円のレンジで終わることを想定していました。コロナショックも経験したにもかかわらず、あと12万円で今年の目標設定の上限まで来ています。今年はまだ4ヶ月以上残っているのに、です。

正直なところ、半年でコロナショックから完全復活するとは思っていませんでしたし、こんなに株資産が急ピッチで増えるとも思っていませんでした。

米国株投資をまだ始めていない人はぜひスタートしてください。米国株投資は最強です。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村