不動産取得税のドタバタ!

こんばんは、チャイです。先日2021年12月9日のブログでお話しした通り、節税対策で購入したアパート1棟の不動産取得税66万円の期限が12月28日に迫っています。

コンビニトラップ!

宅地評価土地の取得に係る特例措置が3年間延長されたおかげで、30万円以上得をし、支払額66万円の振込用紙が送られてきたのですが、余裕こいて、コンビニに持って行ったところ、「こちらでは取り扱いできません」と言われちゃいました。なんで〜?

「コンビニで支払いって書いていますけど?」と尋ねると、「バーコードのない振込用紙は扱っていないんですよ」とのこと。

確かに、振込用紙にバーコードがないです。

どうやら、高額の振込になると、コンビニでは扱えないので、バーコードが印刷されていないらしいです。

落とし穴がさらに2つ!

困ったな。平日に銀行か郵便局に行かなきゃ。

うまく平日のオフィスアワーに出張があって、旅先の郵便局に振込用紙と現金66万円を持って行ったところ、またもや落とし穴が!

「こちらではお取り扱いできないんです!」またもや、なんで〜?

近畿2府4県の郵便局でしか振り込みできないらしい。めちゃ不便!

じゃあ、銀行だ!

しかし、またもや落とし穴が!購入した物件は、京都なので、銀行も京都に支店がある銀行じゃないと振り込みを扱っていないとのこと。

地方に出張に行っていたので、都市銀行もないから、またもや振り込み不能です。

余裕だと思ってたら

結局、大阪に戻ってから、昼間職場を抜け出して、銀行から振り込みました。12月23日(木)だったので、余裕だと思っていたら、あまり余裕ない状況でした。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村

でも、これでめでたしめでたしです。あとは来年の確定申告だな。