トランプ大統領がコロナに感染しても米国株をホールドしろ!

2020年10月2日の日経平均が午後から急落しました。原因は、トランプ大統領が新型コロナウィルスに感染したというニュースを受けて売りが殺到したためです。

バイデン氏リード

その後、日本の報道では、トランプ大統領が高齢であることや肥満であることなどから、新型コロナウィルス肺炎が重症化リスクが高いというコメントや、入院して酸素吸入を行っているという続報が流れました。またテレビでの評論家からは、感染対策の危機管理の杜撰さが明るみになったことや選挙活動が滞ることから、大統領選挙には致命的なマイナス要因になったとの意見が大半です。

実際に、ロイターが行なった世論調査によると、民主党のバイデン候補の方が、リードしており、今回の感染で、さらにギャップが拡大したと報じています。

トランプ大統領は復活する

私の予想は違います。トランプ大統領がコロナの症状が重症化して、大統領選挙投票日まで選挙活動ができなくなったり、または死亡したりする確率は、かなり低いのではないかと思っています。確かに高齢者の方が重症化しやすいのは事実ですが、大多数の高齢者の患者は軽症で回復しています。月曜日の時点で症状が改善しているとの報道が出ていることから、一番高い可能性は、このまま近いうちに公務に復帰し、選挙活動も再開するというシナリオです。

日本のマスメディアはミスを見つけて潰す

では、指導する立場の人間なのに、コロナ感染したダメ人間というレッテルを貼られて葬り去られるリスクが高いという考えは、日本のマスコミ的発想のような気がします。ちょっとしたことでケチをつけて、辞任まで追い込むというのは日本のマスメディアの常套手段ですが、アメリカではちょっと違うような気もします。

アメリカはマッチョ好き

わりと、けろっと回復して、俺は強いんだ、コロナに勝った、経済活動を自粛する必要なんてないんだ!って感じで、プラスに転じる可能性の方が高いんじゃないかな?と思っています。

アメリカに住んでいて思ったんですが、肉体的なたくましさをアメリカ人はわりと重視します。アメリカ人女性には消防士が人気の職業です。体を鍛えているからです。ラスベガスの男性ストリップショーには、消防士のコスプレしたマッチョなダンサーが人気です。多分、日本女性にはそんな趣味ないですよね。むしろジャニーズ系の中性的な男性の方が人気ですよね。

高身長は大統領の必要条件

アメリカの大統領選挙では、身長の高いことが当選する上で重要なファクターです。背の高い候補者が背の低い候補者に勝つ確率は、過去の統計では3分の2です。

日本では菅総理の身長なんて誰も気にしません。

バイデン候補も高身長なので、強力な候補です。身長183センチです。しかし、トランプ大統領は、190センチです。そう考えると、まだトランプ氏の方が有利です。ちなみに、オバマ前大統領も185センチで高身長でした。

例えば、リンカーン大統領は、マルファン症候群という高身長になる先天異常の病気を患っていました。それぐらいアメリカでは高身長が大事なのです。私は日本人の平均よりも低いから、アメリカ大統領にはなれないですね。

バイデン氏が勝っても米国株は上がる

民主党中道派のバイデン氏が大統領になると、これまでよりも大企業への税金が高くなる可能性が高く、株価にとってはマイナスです。おそらく、大きく株価は下げるでしょう。でも、一時的なもので、たとえバイデン氏がどんなに頑張っても、アメリカの多国籍企業は成長し続けます。なぜならアメリカは資本主義の総本山だからです。だから、米国株を長期投資すればいずれリターンは大きくプラスになります。

トランプ氏が勝てば爆上げ

もし、トランプ大統領が再選されたら、当然、株価は大きく反発します。トランプ大統領が勝つ見込みの方が実は高いのではないかと私は思っているので、ここで株を売って現金化してしまったら、大きな機会損失をこうむってしまいます。

4年前を思い出せ

もう4年前のことだから忘れている人もいるかもしれませんが、あの時も、トランプ大統領は女性問題でコテンパンにやられてしました。マスコミは、ヒラリー氏が優勢と報道していましたし、安倍前首相もヒラリー候補者には挨拶に行っていたのに、トランプ氏には事前に接触していないという失態をやらかしていました。ところが蓋を開けてみると、トランプ氏が圧勝でした。マスメディアどうなっているんでしょうか?今回も偏向報道である可能性が否定できません。

その後の米国株の上昇は凄まじかったです。

4年前のトランプ相場

トランプ支持って言える?

実際にはトランプ氏に投票していても、トランプ大統領を表立って支持していると口に出して言える空気ではないんでしょう。

その昔、まだソビエト連邦が健在だったとき、自民党を支持していると言える日本人は少なかったです。学生も学校の先生もテレビも新聞もみんな革新でした。自民党が好きだなんて言える空気ではなかったです。にもかかわらず、日本の戦後の政治は選挙をすれば必ず自民党が過半数を占めていたわけです。なんだか今のアメリカに似ていますよね。

自信を持ってホールドしろ!

大統領選挙の結果は、最終的には蓋を開けるまでわかりませんが、米国株の長期投資は右肩上がりです。

だから、売ったら負けなのです。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村