ビリオネアが寄付しても世界の貧困はなくせない

こんばんは、チャイです。先日のWEPデイビッド・ビーズリー事務局長イーロン・マスク氏に言及したことと、そのマスク氏の反論について、色々自分なりに考えていました。果たして、超富裕層が寄付して、世界の貧困はなくせるのか?と。

結論、無理

多分、無理なんじゃないかと思いました。

とりあえず、今回のビーズリー事務局長の発言とマスク氏の反論だけで計算してみると、こうです。

ビーズリー氏は、マスク氏が保有しているテスラ株の約2%にあたる60億ドルの資金で、4,200万人の貧困者を救うことができると言いました。

とりあえず、株を売却しても税金がかからないと仮定して、60億ドルをWEPに寄付します。4,200万人で割り算します。WEPの中抜きは無しと仮定します。食糧購入時の価格釣り上げも無しと仮定します。

一人当たり、約143ドルです。とりあえず貧困地区なら、1ヶ月は、しのげます。

でも、翌月はどうするのでしょうか?

やっぱり行き詰まると思うんですよ。

ビリオネアは日本を救えるか?

ちょっと、規模を大きくして考えていました。

例えば、日本国は、コロナ対策への対応で補正予算を組み、令和2年度一般歳出が76.8兆円も増えました。マスク氏やベゾス氏の資産といえども、一人20兆円ほどです。

日本国内の経済対策や貧困対策にかけた予算に比べると、ビリオネアの全資産の方がずっと小さいです。

日本の経済を立て直そうと、マスク氏やベゾス氏が全財産を投げ打ってくれても、足りません。来年度以降は、底を尽きてしまいます。

アメリカの貧困問題も厳しい

アメリカの貧困問題は日本よりも人口も多いですし根深いから、日本よりももっと予算が必要でしょう。彼らの寄付でも足りません。

アフリカはもっと規模がでかい

アフリカの貧困はどうでしょうか?あれだけ人口が増えてきて、しかも貧困だし、社会インフラも整っていないとなると、やはり焼け石に水です。

世界の飢餓人口8億人

結局、その国の国民が自力でなんとかしなければなんともならないのです。

そう考えると、マスク氏の反論は、なんかイラッとしてしまうけど、一理あります。WEPのビーズリー事務局長の方が、お花畑系な気がしてきました。

世界の飢餓人口は、8億人です。

8億人へ1月に1万円寄付したら、8兆円です。マスク氏もベゾス氏もビルゲイツ氏もバフェット氏もみんな寄付しても1年持ちません。

翌年から8億人が自力で食料調達して自活するとは到底思えません。もう絶望的です。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村