2019年4月末までの投資結果

4月のアメリカ株式市場は、ナスダックとS&P500指数がついに過去最高値を更新しました。去年10月からの下げはホントきつかったです。半年かかりましたからね。

4月末のアップル(AAPL)の決算報告が良かったので、そのまま勢いづいて5月1日はアメリカ全体の株価が上昇するのかと思いきや、FRB議長の声明で、年内の利下げがないかもしれないという空気で、終盤になってから大きく株価が下がってしまいました。やっぱり5月はアノマリーどおり、株価がもたつきやすいのかもしれません。

それでは、4月末までの資産合計とポートフォリオを公開いたします。

2019年4月末現在、約7,238万円

4月はアノマリーどおり、株価は調子良く上昇しました。私の保有銘柄では、4月末にアルファベット(GOOG)の決算報告後の急落がありましたが、ポートフォリオ全体では好調でした。

資産合計7,238万3,083円になりました。4月は、4月12日に追加投資を再開し、約250万円分、株購入しました。

ビザ(V) 100万円分

ボーイング(BA) 40万円分

アドビ(ADBE) 60万円分

アルファベット(GOOG) 50万円分

でした。

したがって、4月だけで、株価上昇分で約450万円資産がふえたことになります。ずいぶん儲かりました。

4月の配当金

税引き後の受け取り金額は以下の通りです。

ロッキード・マーチン(LMT) 219.46ドル

マリオット・インターナショナル(MAR) 70.88ドル

合計290.34ドルです。これらの配当金と、これまで投資に回していなかった配当金の分を含めて、今月の追加投資金の一部としました。

4月末のポートフォリオ

3月のポートフォリオと比べると、Vの株価が順調に上がっているのにもかかわらず、今月100万円分買い増しをしてしまったので、Vの比率が上がってしまいました。これまで、Vは、ポートフォリオの8%を目安にしていましたが、ちっとも株価が落ち込まないので、このままでは機会損失になってしまうと思い、今月買い増しをおこないました。理想のポートフォリオのVの比率を8%から9%に引き上げたいと思います。そのかわり、AMZNがかなり最高値あたりまで上昇してきているので、これまでの15%目標から14%目標の比率に下げて、このまま買い増しせずホールドで様子みてみます。

防衛関連銘柄では、BAとLMTがまずまずですが、RTNとNOCが元気ないです。このまま行けば、5月に買い増しすることになります。

5月6月は株価がもたつきやすい

Sell in Mayと言われるとおり、5月からは株価はもたつくことが多く、6月になると下がります。5月の買い増しは、月末当たりを目途に買い増しをしてみます。