NOCから配当金

9月20日の米国株式市場は、全面高で、ダウ、ナスダック、S&P500全ての指数が過去最高値を更新しました。1月末に急落した後、しばらく調整がつづいていました。特に、ダウ指数は回復が遅れていましたが、ついに最高値更新です!

残念ながら、日経平均はいまだに1月末の値を超えられていません。

変な話ですよ!もともと米国株が急ピッチで上昇していて、1月末に調整に入ったのに、日本株はそのあおりを受けて下がりました。それなのに、米国株は新値をつけていて、日本株の回復のほうが遅いなんて。

安倍総理も自民党総裁を再任されて、歴代最長におそらく達するであろう長期安定政権になっています。円安も進んでいるのに、まだ回復が充分じゃないなんて変な話です。

米国株のほうは、ドル高が進んでいます。ドル高の原因は、米国の政策金利が今後も予定どおり利上げされていくとの見通しからです。

でも、待ってください。アメリカは日本にも中国(シナ)にも債務(借金)があります。外国に借金しているような国の通貨の価値が上がっていくなんておかしいですよ。

しかし、米国に借金を返せ、なんて、とても日本政府は言えません。しかも、原油も金も、取引はドルで決済されます。ドルが基軸通貨なので、世界中のどこの国もドルを保有しなければ取引ができないようにされてしまっています。そうやって、無理矢理、ドルの価値を担保させているのです。軍事力が世界最強であるということは、自国経済の繁栄のために極めて重要なことだとわかります。

私の資産も着実に膨らんでる

自国通貨の価値が上がると、普通、輸出が厳しくなって、日本だったら株価が下がるはず。でも、アメリカ株は、ドル高でも上がっていきます。とんでもない力強さです。おかげで、円安と株高のダブル効果で、円換算での私の資産も過去最高に膨らみました。

NOCの株を保有することは米国に対する復讐?

そういう私の口座に、ノースロップグラマン(NOC)から、1株あたり1.2ドル、124株保有しているので、148.8ドル配当金がつきました。税引き後106.73ドルです。税金高いなあ。

ノースロップグラマンは米国の軍需産業を担う企業です。アメリカの経済成長は、こういう軍需産業に関連する企業によって支えられています。日本もアメリカの軍事力によって安全保障が担保されています。自衛隊の戦闘機もミサイルも米国の企業から購入しています。在日米軍の維持費は日本の税金でほとんどまかなわれています。在日米軍の兵器はアメリカの企業が作っています。我々の働いて稼いだお金から抜き取られた税金は、アメリカの軍需産業のエサになっているわけです。

自国の兵器を開発したり、核武装して原子力潜水艦を保有したりすることは、安全保障の面でも大事なことですが、国民を経済的に豊かにさせるためにも重要なことです。だから、絶対にアメリカ政府は日本政府にそうはさせないでしょう。

そう考えると、ノースロップグラマンの株を保有して、配当金を得ることは、税金を取り返して、ささやかな復讐になっているように思います。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村