防衛関連銘柄ノースロップ・グラマン(NOC)の決算、市場予想を上回る

こんばんは、チャイです。2020年10月22日のアメリカ株式市場の取引開始前に、防衛関連企業のノースロップ・グラマン(NOC)の第3四半期決算が発表されました。

E P Sも売上高も良し

EPSは市場予想が5.62ドルでしたが、結果5.89ドルで市場予想を上回っています。売上高は、市場予想が88億ドルに対して、結果90億ドルで予想を上回りました。

ガイダンスも良し

年間の売上高も、7月に示されたガイダンスの353億〜356億ドルよりも今回は357億~360億ドルへ上方修正されました。

防衛関連企業はコロナに強い

先日、決算発表のあった防衛関連企業のロッキード・マーチン(LMT)も好調でしたが、やはり防衛関連企業は、コロナに強い業種であるということがわかります。

しかし、NOCの株価も低迷しているんですよ。市場平均は、今年に入ってからも上昇していますが、NOCの株価は年初来マイナスです。正直なんでなのかよくわかりません。

いずれ株価は上がるはず

しかし、儲かっている会社の株価が低迷しているということは割安放置されているということだと思います。儲かった分は、自社株買いで株価に反映されるか、株主に配当で分配されるかのどちらかになるはずです。そうでなければ、あのカネ一体どこにいったんだい?ということになります。ですから、早かれ遅かれ株価に反映されるはずです。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村