株が上がらないと、景気は良くならない

こんばんは、チャイです。日本株も米国株も大きく下げて、心折れかけている人も多いんじゃないでしょうか?

アベノミクスによる株高

アベノミクスの時代に、民主党政権の株安から日本株はどんどん株価が上昇しました。

安倍政権批判者がよく言っていたのは、株が上がっていても景気が良くなった実感がないという批判です。

確かに、そーなんかなあ、と私もフワッとしたイメージでちょっと同感していましたが、やっぱり株安よりも株高の方が絶対いいですよ!

株安なら消費が冷え込む

現在、株安の状況下で、皆さんどんな気持ちですか?

私の今の心境は、「あかん、生活費節約しようかなあ」ですよ!

長期投資で、売り買いしないことをポリシーにしている私でもそんな気分なんだから、株で含み益が出たら、利益確定して利益分で何か買い物しようと思っているような人は、もっと買い控えしてしまいますよ。

どう考えても、株安になったら消費が冷え込んで景気が悪くなりますよ。

株安は回避すべき

景気が悪いから株安になるんじゃないの?と言われそうですけど、株安になるから景気が悪くなるっていう側面もきっとあるはず。

そう考えると、政治家は株安を回避しないといけないんです。

株安の好景気ってあるのかな?

日本株右肩下がり

日経平均見ると、この1年間全然上がっていないです。むしろ下がっています。岸田政権が発足した去年の10月からはギザギザしながら右肩下がりです。

米国株は右肩上がり

日経平均と比べると、米S&P500は最近下がっていると言っても、たった1年間だけ眺めても右肩上がりです。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村

卵と鶏

景気が良くならないから株が上がらないのか、株が上がらないから景気が良くならないのか?岸田政権が景気対策をしないからなのか?株高政策をしないから株が上がらないのか?誰が政治家になってもやっぱり日本経済はダメなのか?本質がどこにあるのかわかりませんが、とりあえず株安で景気が良くなることはないと思います。