連日最高値更新のアメリカ株式市場は、そろそろ調整局面を迎える

こんばんは、チャイです。2月に入ってから、アメリカ株式市場は連日続伸しています。3指数ともに最高値更新です。アメリカ株投資家で長期保有している人は、よほど変な銘柄を買っていない限り、みなさんホクホクではないでしょうか?

山あれば谷あり

私の保有銘柄も順調に含み益が拡大し、株資産は、1億2千万円を軽く突破して、1億3千万円に届きそうな勢いです。

でも、こんな感じで調子に乗っている時は、たいていその後に調整局面を迎えます。

コロナショックはちょうど1年前

振り返ってみると、昨年の2月も初めて株資産が1億円超えたと喜んでいたら、その直後にコロナショックで1ヶ月ぐらい下落し続けました。あの時は、株資産がてっぺんから3分の2まで目減りしました。

大統領選挙後は強気相場

アメリカの大統領選挙が終わってから、順調に米国株は上昇し、S&P500指数は、3ヶ月間で+20%も上昇しています。

今年に入ってから、1月に少し調整が入りましたが、再び順調に上昇しています。

買い増しせずに様子見

こういう最高値更新のタイミングで買い増しすると、高値掴みになってしまいます。

ちょうど確定申告の時期で、追加で納税しないといけないこともあって、現金を温存しておくほうが賢明だと思いました。

今保有している株を売ってしまうことまではしませんが、2月の買い増しはすでに月初めにおこなっているので、しばらく市場の動きを様子見してみます。3月4月5月の買い増し資金を温存して、-10%ほどの調整が入ってから、その時の現金と相談して買い出動してみます。

昨年は失敗

前回のコロナショックの時は、絶好の買い場だったのに、確定申告で納税のための現金が必要になったことで、一番良いタイミングでの買い増しができずに終わってしまいました。

今回は、タイミングをうまく見計らって買い増しができるか試してみます。

絶対どこかで調整が入るはず

今週末のアメリカは3連休なので、早ければ週明け火曜日の2月16日から相場の風向きが変わって調整局面に突入するのかもしれません。きつい調整なら、1ヶ月ぐらいは好転しないでしょう。だから早くても3月後半までは様子みます。

どう転んでも、5月末までにはキツい調整が入るはずです。

もし調整がなくて、このまま上がっていったら、5月末までにS&P500指数は、約+20%上昇して、4,800ぐらいになってしまいます。

流石にそこまでは上昇しないでしょう。もし上昇したら、私の株資産も爆益で1億5千万円を突破してしまうので、素直に嬉しいです。

だから、保険のために、あえて買い増しせずに急落を狙ってみます。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村