ダウ最高値更新!ナスダック大幅反発!調整局面は終わった?

こんばんは、チャイです。2021年3月9日のアメリカ株式市場は、ナスダック指数が+3.7%も上昇し、翌日3月10日の取引でも、-0.04%の下落で踏みとどまりました。同日のダウ指数も過去最高値で引けています。

テスラ(TSLA)も急反発

これまでの調整で、かなり悲観的なムードが特にハイテク銘柄で漂っていました。しかし、テスラ(TSLA)が、約+20%も上昇するなど、ウソのような反発です。

コロナの経済対策予算も成立確実ですし、1回の接種でOKとされるジョンソン&ジョンソンのワクチンも急ピッチで供給が拡大しており、投資家の中には、もうすでに底打ちが終わったという意見も出ています。

ナスダックのローソク足を見ていると、確かに、トレンドラインから反発して、上昇してきているように見えます。

3月11日の先物取引も日本時間で3月11日10時の時点では、3指数ともに上昇しています。

このまま上昇?

もうこれで、調整局面は終わったのでしょうか?

正直、私も全く見当もつきません。流石にこのままセル・イン・メイの5月まで調子良くいくようには思えないのですが・・・。

しかし、万が一もしこれで、調整局面が終わったのだったら、買い増しそびれてなんか損した気分のような気もしてきます。

今回の買い増しは難しかったです。思いのほか、反発するのが早かったですし、日本人投資家にとっては、円安ぎみに振れていたので、米国株安なのはわかっていても、日本円をドル転する際に損してしまいます。

まだ円高

それでも1ドル108円台なのだから、まだまだ円高気味なんですけど、最近のドル円相場を見ていると、-5%以上、円安になっているから、なんとなく損な気分になって買い増しできませんでした。

落ち着け!

このままどんどん上昇していったら、本当に損した気分になってしまうのでしょうか?落ち着いて考えてみると、逆に得した気分になってしまうはずです。

だって、現在保有している銘柄の株価がどんどん上がっていって、株資産が増えていくんですよ。調子良く株が上がっていくんだったら、買い増しなんかしなくても良いんじゃない?

自分が買い増ししたい時だけ、円高と米国株安になって、その後すぐに回復してくれれば一番ハッピーなんですが、そんなに都合よく行きません。

キャッシュ温存します

確定申告の追加納税もありますし、買い増しせずに現金を温存しておきます。

それでも、2番底がきたら、買い増ししたい衝動に駆られてしまいそう。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村