米国株投資を趣味にして良かったこと

2020年6月16日のアメリカ株式市場は大幅に上昇して引けました。4月5月が順調に株価が回復して右肩上がりだったので、6月に入ってから乱高下が激しいです。実体経済が本当に回復してきているのか、投資家が見極めたいと考えて神経質になってきているからでしょう。

毎朝エクセルにデータ入力

そんな乱高下の激しい米国株式市場ですが、私は毎朝、エクセルに株資産の数値を入力してどのくらい資産が変動しているかチェックしています。長期投資なんだから、そんなことしないで、ほったらかしておけば良いのに、と思われそうですが、米国株投資が趣味なんだから毎日チェックするのが楽しいのです。

これが老後の貯蓄のために投資しているとか、仕事として投資しているっていうことなら、こんなに乱高下していたら、毎日ハラハラしてしまうかもしれません。そう考えると、米国株投資を趣味にして良かった点の一つかなと思いました。

そこで、米国株投資を趣味にして良かったことを整理してみました。

失敗しても自殺しなくていい

私の米国株投資はあくまでも素人が趣味でやっていることです。これが、誰かのお金を預かって投資する職業だったら、かなりきついと思います。私みたいに、ボーイング(BA)デルタ航空(DAL)マリオットインターナショナル(MAR)に投資して、無配になって暴落している状態だったら、クビになってしまいます。自殺しているかもです。

老後資金を貯めるために必死でやっているのだったら、今回のコロナショックのような相場になったら、家族がいる人だと雑音が大きくなって、とても長期投資できそうにありません。私の老後どうしてくれるの?とか言われそう。

英語の勉強になる

これは仕事で米国株投資をしていても同じことかもしれませんが、英語のウェブ記事を読もうとするので、英語の読解力がつきます。趣味なのに、ビジネスでも役に立つ英語力が身につきます。

世界情勢に詳しくなる

もともと、世界史や政治に興味があるので、米国株投資で得られる情報から派生して、世界史や海外の政治情報に詳しくなれます。こういう知識も、外国の人と会話をするときに話のネタになって重宝します。

働いて節約する

投資資金を確保するために、せっせと働き節約する。趣味がゴルフとかクルマとかだったら、必死で稼いでそのお金をゴルフ道具やクルマのローンに回すでしょ?私の場合、必死で稼いで節約して、米国株を買い増しする資金に回すわけです。趣味に使っているお金だから、節約してもツラくないです。しかも、お金が貯まります。

暴落しても損ではない

損しても、所詮、趣味に使ったお金です。趣味で、高いクルマを買っても何年か経ったら値崩れします。でも、趣味だから損したとは思わないですよね?株式投資が趣味なら、たとえ暴落して損してもそれほど損したと思わないはず?です。たぶん。

寝れる

日本株は昼間の平日なので、仕事との相性がめちゃくちゃ悪いです。米国株は夜なので、仕事と両立しやすいです。しかも、仕事で投資しているので、ゆっくり眠れます。

平日が待ち遠しい

土日の趣味だったら、日曜日の夕方ぐらいになると、平日の仕事が気になってブルーな気持ちになります。米国株投資を趣味にしていると、日曜日の夕方になっても、月曜日のアメリカ株式市場が待ち遠しくなります。

場所を取らない

趣味が、フィギュア集めとか鉄道模型とかだったら、部屋がどんどん手狭になってしまいます。今は、ネット証券で株を買うから、株券を家のタンスや金庫にしまっておく必要もないし、場所は一切取りません。

健康を心がける

米国株は長期的には右肩上がりです。長生きしたら、もっともっと株資産が増えるので、楽しいです。長生きするために、健康に気をつけます。私は、米国株投資を始めて、ダイエットに成功しました。ダイエットの秘訣に関してはまたの機会にご紹介します。

儲かる

ほとんどの趣味はお金を散財してしまいます。ゴルフもパチンコもアイドルもクルマも釣りもスキーもサーフィンも散財です。しかし、米国株投資は長期的には儲かるんですよ。そんな趣味って、なかなか探しても見つかりませんよ。

ぜひ、皆さんも米国株投資を趣味にしましょう。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村