マイクロソフト、ビザ、アルファベットの決算発表明暗分かれる!

こんばんは、チャイです。米国時間2022年4月26日の取引終了後、私の保有銘柄であるマイクロソフト(MSFT)ビザ(V)アルファベット(GOOG)の決算が発表されました。

マイクロソフト(MSFT)

予想490億ドルに対して、結果493.6億ドル、EPSは予想2.19ドルに対して、結果2.22ドルで市場予想を上回っています。

Azureを含むインテリジェント・クラウド部門の収益が2桁の伸びになる可能性が高いと発表しました。クラウドの成長鈍化を市場予想の見解でしたが、くつがえりました。また全ての部門において、市場予想を上回る利益を上げています。市場アナリストは、目標株価を345ドルに引き上げました。

株価も取引開始後大きくジャンプしています。

ビザ(V)

売上高は、予想68.3億ドルに対して、結果71.9億ドル、EPS予想が1.65ドルに対して、結果1.79ドルで、市場予想を上回りました。国境をまたぐ取引が改善したことが大きかったようです。また、これまで、コロナで見通せない状況でしたが、年度内には、米国のインバウンド需要がかなり改善することや、クロスボーダー旅行が2019年の時点にまで回復するだろうと楽観的な見通しが発表されました。

株価は、取引開始後大きくジャンプしています。Vもう大丈夫です。

アルファベット(GOOGL)

売上高は予想と結果が一致して、680.1億ドルでした。EPSは、予想25.75ドルに対して、結果24.62ドルで市場予想を下回りました。

どうもTikTokの短編動画の競争が激化しているようです。

またロシアでの商業活動の停止で、ヨーロッパからの広告収益が下がっているのが効いたようです。

株価は、取引開始後下がっています。

ビザ(V)復活

今回の3銘柄の決算の中では、Vの復活が嬉しいです。脱コロナ宣言で、これからインターボーダーの取引が増えるというガイダンスが心強いです。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村