マイクロソフト(MSFT)、アルファベット(GOOGL)、ビザ(V)の決算

こんばんは、チャイです。2021年10月26日の取引終了後に、マイクロソフト(MSFT)アルファベット(GOOGL)ビザ(V)の決算発表がありました。

マイクロソフト(MSFT)

売上高は、予想439億ドルに対して、結果453億ドルで市場予想を上回っています。EPSの予想は2.07ドルでしたが、結果2.27ドルでこれも予想を上回っています。クラウドのアジュールやマイクロソフト365が好調だったとのことです。

10月27日の取引では現在のところ、+3%株価は上昇しています。

アルファベット(GOOG)

売上高は予想633億ドルに対して、結果651億ドルで市場予想を上回りました。EPSも予想24.08ドルに対して、結果27.99ドルで市場予想を上回り、過去最高益を更新しています。

しかし、YouTube部門とクラウド部門の収入が予想を下回る業績であったため、発表後の時間外取引で、GOOGLの株価は下落していました。しかし、翌日の取引開始からは、何事もなかったかのように+2%以上も上がっています。

ビザ(V)

売上高は、予想65億ドルに対して、結果66 億ドルで市場予想を上回りました。EPSは予想1.55ドルに対して、結果1.62ドルでこれも市場予想を上回っています。

また、配当もこれまでの1株あたり0.32ドルから0.375ドルに増配されることが取締役会で承認されたと述べられました。

しかし、株価は、翌日の取引開始直後から、-4%も下落しています。コロナの影響で途絶えていた国境を越えた旅行の回復が、2023年の夏までかかるので、2022年の純売上高の成長率が10%台後半になると同社が述べたことで、この収益予測が保守的と捉えられたようです。

ホールド続ける

3銘柄ともに、結果は、市場予想を上回っていますが、明暗を分ける株価の値動きになっています。それほど深刻な問題を抱えているわけではないので、このまま3銘柄ともにホールドで行きます。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村