マイクロソフト(MSFT)のQ2決算発表

こんばんは、チャイです。新しくポートフォリオに組み入れたマイクロソフト(MSFT)の決算発表が、2021年1月26日の取引終了後にありました。

売上高もEPSも良し

売上高は、市場予想が、402.3億ドルに対して、結果430.8億ドルで市場予想を上回りました。MSFTが四半期売上高で400億ドルを超えるのは初めてです。EPSは市場予想が1.64ドルに対して、結果2.03ドルを記録しました。

ちなみに前年同期の売上高は、369億ドル、EPSは1.51ドルだったので、大幅な伸びです。

Azure大躍進

やはり、新型コロナウィルスで、企業がAzureのクラウドコンピューティングや、Teamsに依存して、従業員が自宅で仕事をしていることが多いため、クラウドとパーソナルコンピュータセグメントの売上高が大きく上回ったためです。

特にAzureの成長が著しく、第2四半期だけで+50%も成長しました。ライバルであるアマゾンAWSもこれほどの伸びはないだろうとのアナリストの意見もあります。

ゲームもPCも

また、ゲームのXboxの売上高が40%増加し、PCのSurfaceも+3%増加したとのことです。

Office部門の売上高も133.5億ドルで、前年同期を大きく上回り、市場予想の128.9億ドルも上回っています。

ガイダンスも上方修正

ガイダンスも強気で、次の四半期も400億ドルを超えることを予測しており、403.5億〜412.5億ドルとしています。一方、アナリストの予想は、387.4億ドルでした。

第4次産業革命

時間外取引で、MSFT株は上昇しています。今年のMSFTも死角なしですね。コロナ後に、やはり産業全体が大きく変わったように思います。これからは、第4次産業革命に強い企業が成長していくのでしょう。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村