マイクロソフト(MSFT)から配当 今が絶好の買い増しチャンス!

こんばんは、チャイです。もうそろそろ上がっていくのかな?と思っていたら、2022年3月11日(金)の取引も終盤大きく下げて引けました。まだまだ神経質な相場が続きますね。

配当ずっしり

一昨年から投資を開始したマイクロソフト(MSFT)から配当が入金されました。

今回も、1株あたり、0.62ドルです。643株保有しているので、最終受け取り金額は、285.92ドルになりました。

約3万円、これが年4回だから、それなりに大きい金額です。1ヶ月平均1万円ということだから、これだけで、大学生のお小遣いぐらいにはなりそうです。今の大学生いくらもらっているのか知らないけど。

今が底値

MSFT株は株価に安定感があって、なかなか買い増しの機会を見つけるのが難しい銘柄です。幸いのところ、ウクライナ情勢で全面安の局面なので、MSFT株も大きく下げています。今が絶好の買い増しタイミングだと思います。

MSFTを長期投資したら

ふと、超長期のMSFTのチャートを見て、びっくりしました。

1986年の頃は、1株0.1ドルでした。それが、現在300ドル近辺なのですから、35年間で、3,000倍です!すごいと思いませんか?

100万円分MSFT株を持っていたら、30億円です!もうお腹いっぱいですよ。

市場平均ETFだったら、こんなにも増えることはあり得ません。

年平均10%リターンを叩き出しても、35年で32倍です。これでもすごいんですが、MSFTのリターンに比べると、ショボく感じてしまいます。100万円が35年後に、3,200万円です。ショボすぎ・・・。

バフェット氏の20%リターン

バフェット氏の生涯における年平均リターンは、20%と言われています。

それはかなりすごいですが、大雑把に4年で2倍に増えるということです。

35年で約500倍になります。確かにMSFT一択よりは劣りますが、やはりすごいです!

100万円が、35年後に5億円です!5億円あれば十分かも・・・。

個別株集中長期投資

そう考えると、ETFよりも個別株集中投資でボラティリティを上げて、大きく増やさないと、大きなリターンは絶対無理です。

バフェット氏の投資スタイルである個別株集中長期投資には一理あります。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村