中間選挙開票速報 下院が民主党過半数奪取

アメリカ中間選挙の結果が開票されました。まだすべての開票が終了された訳ではありませんが、上院が共和党の過半数維持、下院が民主党過半数奪取という、上下両院で、ねじれが生じることがほぼ確実となりました。

株価どうなる?

中間選挙後の株価の動きについて、事前のシナリオには、だいたい以下のようになっていました。

上下両院ともに共和党が過半数

もともと共和党が上下両院とも過半数だったので、このままの政策が継続され、さらに減税延長期待で、株価が上昇する。

ねじれ

上院が共和党過半数、下院が民主党過半数というのは、1番可能性が高かったシナリオなので、すでに株価に織り込み済みで、株価はそれほど変動しない。もしくは、民主党は労働組合が支持層のため景気対策を重視することやインフラ整備にも同調するため、株価が下がるとは考えにくい。

上下両院供に民主党が過半数

想定外のシナリオなので、サプライズで株価は下がる。

とりあえず日本株は下がった

開票が進むにつれ、地球の裏側で取引時間帯である東京株式市場では、次第に日経平均が下がっていきました。終値で前日より下落です。

たしか、前回の大統領選挙のときも、開票が進むにつれて、日本株は、とりあえず大きく下がりました。円高も進みました。

アメリカ株式市場の動きがこの先わからないので、とりあえずリスクオフになったのでしょう。

今のところ、ダウ先物とS&P500先物はすこし上がっています。

未来の市場の動きは全くわからない

選挙の結果も判明しているのに、あと、6時間後に開場されるアメリカ株式市場がどう反応するのか、さっぱり読めません。

今回のシチュエーションは大変教訓になると思いました。未来の市場の動きは全くわからないのです。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村