アメリカもイギリスもマスク卒業!日本はいつになるのか?

こんばんは、チャイです。2021年7月5日の記者会見で、イギリスのジョンソン首相は、公共交通機関でのマスク着用やイベントの人数制限などの新型コロナウィルスによる制限を7月19日撤廃すると発表しました。

いま先に進まないのなら、いつ進むのか

イギリスでは、デルタ株の流行もあって、まだ1日あたり2万人が感染しています。イギリスは、日本の人口の半分くらいですから、日本換算にすると、1日4万人の感染者数です!日本だったら大騒ぎになりそうですが、イギリスでは、すでにワクチン接種を少なくとも1回は済ませた成人が86%に達していることから、死者や重症患者が減っていることを理由に、首相は「いま先に進まないのなら、いつ進むのか」と規制廃止を主張しています。こういう強気のメッセージを言ってくれるジョンソン首相みたいな首相に憧れてしまいます。

マスクしてないよ

ところで、アメリカもすでに約半数の国民がワクチン接種を済ませています。

この前、テキサス州にいる友人に街の画像を見せてもらいましたが、ショッピングモールでも、誰もマスクなんかしていません。ファストフードの店員さんもマスクもせず、ひげ面見せてみます。

すでにポストコロナ

日本にいるとさっぱり世界情勢が見えてきませんが、世界の先進国は、すでにポストコロナに向けて動き出しています。

日本のテレビでは、デルタ株とか、オリンピック中止するとか言っています。

あ、訂正です。最近は、オリンピックは開催するけど、観客を入れるか、無観客にするかの議論でしたっけ?

日本万歳!

日本のワクチン接種のスピードは、1日100万人を突破しました。当初、菅首相が掲げた100万人宣言が現実になりました。マスメディアは全然評価していないけど、ファイザー製のワクチンをこれだけ多くの国民に対して、潤沢に供給できる体制を作れるなんて、アジアの国では日本だけですよ。

人類は風邪を克服

すでに入院しているコロナ患者は見事に65歳未満ばかりです。ファイザーのワクチンがこんなに効き目抜群とは思いませんでした。コロナのワクチンなんか、どうせインフルエンザのワクチンみたいに効いているのか効いてないのかわからないようなものだと思っていました。

人類が本気になったら、風邪のワクチンでも、すぐに作れるんですね!今後は、人類は風邪を克服できるようになるでしょう。もう大事なイベントの前に、風邪ひきで、しんどいなんてこともなくなります。

日本社会は慎重すぎる

それにしても、日本社会はどこまで臆病なんでしょう?さざなみ程度のコロナ患者なのに、ワクチンを打った人に対してまでもマスクをしておけ!って注意する社会って。

先日、JR東海の新幹線に乗っていたら、ワクチン打っていてもマスクしておいてください、と車掌に注意されました。なんでも、他の乗客が不安がるし、コロナ以外の感染症もあるからと言うのです。この車掌さん、一生マスクするつもりなのかな?

不動産投資始めました

そろそろ、旅行やレジャーに関連する株銘柄の仕込みどきなのかもしれないです。

そろそろ不動産も底打ちする時期です。銀行融資がついたので、中古マンションを一棟丸ごと契約しました。来年には、外国人も日本にやってくるようになるし、留学生も日本に戻ってくると思います。今がチャンスだと考えて、学生の街、京都市で中古マンションを一棟買いしました。初めての不動産投資なので、どうなるのか楽しみです。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村