マリオットインターナショナルの顧客情報流出

11月30日に、マリオットインターナショナルが発表した内容によると、顧客予約データベースに不正なアクセスがあり、最大5億人の情報が流出した可能性があるとのことです。

 

Contents

MARの株価急落

この発表をうけて、マリオットインターナショナルMARの株価は、11月30日に、終値で-5.58%も急落しました。

MARは、私の保有銘柄なので、1日で、1,641.21ドル失いました。こういう突発的なスキャンダルで株価が急落することはしょっちゅうあります。ダメージをコントロールするコツとしては、分散投資しかありません。分散投資のおかげで、資産全体に対するダメージは、-0.3%で済みました。ちなみに、MARがポートフォリオに占める割合は6%です。

分散投資の良いところは、こういう急落があっても、ポートフォリオ全体へのダメージを軽減できると言う面ですが、逆に言うと、急騰してもあまり儲からないということになります。分散投資しすぎると、相場全体が上がっているときしか儲からなくなります。それって、結局、S&P500 ETFを保有しているのと同じ意味になってしまいます。

分散投資の本質的なメリットは、右肩上がりに上がっている株式市場の株を長期保有する際に、保有している銘柄が急落したときに、イヤに気分になって売ってしまわないようにすることです。株価は必ず上がったり下がったりします。しかし、米国株の魅力は、長期的には右肩上がりであるということです。この利点を享受するためには、売ってしまわないようにすることです。でも下がったときに感情的に売りたくなってしまうのです。今回のMARの下落も、下がっていると言うことは、過半数の人が売ってしまっているということを意味しています。長期保有していれば、儲かるのがわかっているのにですよ!みなさん、売ったら負けです!

ちっとも上がらない日本株なら、途中で売って利益確定しなければ儲からないから、分散投資すべきではないです。1点集中で、銘柄を買い、目を皿にようにして、値動きをみて、タイミングを見計らって売るしかありません。しかし、昼間まともな仕事している人にはとても無理な気がします。

パスワードも分散投資を

今回のマリオットの顧客情報流出は、2016年に買収したスターウッドホテルリゾーツワールドワイドの顧客データベースだそうです。2014年からハッキングされていたようです。スターウッド以外のホテルブランドでは不正アクセスはなかったそうです。

名前やメールアドレス、パスポート番号、クレジットカード情報が盗まれたようです。私の情報も盗まれたのかな?

どこに泊まっていたのか、ばれちゃうと困る人もいるとは思いますが、怖いのはパスワードです。みなさん、パスワードをサイト毎に変えていますか?忘れたら困るので、同じにしているひといませんか?パスワードを分散しておかないと、こうやって顧客情報が流出すると、パスワードを次々に破られてしまいます。みなさんご注意を。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村