マリオットインターナショナル(MAR)の決算 ついに黒字化!

こんばんは、チャイです。トランプ大統領の勝利を信じていたのに、意気消沈している私ですが、2020年11月6日の取引開始前に、私の保有銘柄であるマリオット・インターナショナル(MAR)の決算が発表されました。

赤字から脱出!

売上高は、予想239.5万ドルに対して、結果225.4万ドルで市場予想を下回りました。当然のことながら、コロナウィルスによる自粛が長引いているせいです。EPSは、予想では-7セントの損失でしたが、結果は、6セントの黒字でした。やっと赤字流血状態から、脱出できたようです。

攻めのビジネス

2020年第3四半期の終わりまでで、2,900個のホテルチェーンとなり、49万6千室になりました。さらに22万8千室を建設中だそうです。

守りの姿勢で生き残りに必死な航空会社と比べると、MARの方は、まだまだ拡張路線のようです。

日本では、全国の道の駅の隣にマリオット系列のホテル(フェアフィールド・バイ・マリオット)を建設中です。田舎のとれたて野菜などが朝ご飯に出てくるそうです。

そんなに需要があるのかちょっと不思議な気もするのですが、今回の決算で、黒字化しているので、手を広げすぎて倒産なんてことはないと思います。

決算後MAR株価上昇

11月6日のアメリカ株式市場は軟調でしたが、MAR株は、+2.95%上昇しました。すでに、100ドルを回復しています。かつては150ドルぐらいでしたが、コロナショックで大きく下落し、配当も停止してしまいました。

10年で3倍

でも、長期のチャートを俯瞰してみると、10年間で、株価は3倍になっています。

市場平均のS&P500も最近10年間で3倍ですから、そんなに悪くもない銘柄です。今より悪くなることはなさそうですし、そろそろ今月あたりから買い増しを検討してみます。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村