マリオット・インターナショナル(MAR)の決算発表 EPSは良かった

新型コロナウィルス肺炎(COVID-19)の感染拡大で、世界同時株安の中、2020年2月26日の取引終了後に、マリオット・インターナショナル(MAR)の決算発表がありました。

EPSは市場予想上回る

EPSは、1.47ドルの市場予想に対して、結果が1.57ドルで、市場予想を上回りました。売上高は、予想が55.1億ドルに対して、結果53.7億ドルで、下回っています。

昨年同期のEPSは、1.44ドルで、前四半期のEPSは、1.47ドルだったので、EPS、つまり利益は順調に増えているようです。

キャンセル料無料

また25日付で、マリオットインターナショナル(MAR)も、もう一つのホテルテェーン大手のヒルトンワールドホールディングス(HLT)も中国、香港、マカオ、台湾へのホテル予約をキャンセル料なしで変更を受け付けると発表しました。ちなみに、旅行関連業で私の保有銘柄であり、バフェット銘柄でもあるデルタ航空(DAL)も新たにイタリア北部へのフライトのキャンセルを受け付けると発表しています。

たかが風邪のウィルスですが、騒げば騒ぐほど、実体経済にも影響がどんどん波及していきそうです。

コロナウィルスのインパクト織り込まれていない

今のところ、今後の売上高やEPSに関して、コロナウィルスの影響がどのくらいあるのか予測不能です。そういう意味では、このままホールドしていると、かなりリスクが高い銘柄になっているのかもしれません。

連日の急落で、MARのチャートは垂直に落下しています。下げ止まるのかまだまだ下がるのかなんとも言えません。しかし、このままホールドして見届けてみます。

ちょっと良い話

ところで余談ですが、先日、東京のマリオット系列のホテルに宿泊して、朝ごはん食べに自分の部屋を出たら、同時に隣の部屋から、すごく背の高い日本人男性が出てきました。

朝食会場では、斜め向かいの席だったんですが、その人は、プロテインを持参して飲んでいて、ホテルのブッフェは、ささみやサラダ程度しか食べていませんでした。よく見ると、オリンピックメダリストの元柔道選手で総合格闘技に転向した有名な選手だったのでびっくり!

日曜日の朝でしたが、朝食会場で食事が終わった後、Padにキーボードをつけた端末で、ずっとご自身のブログかTwitterのコメントを入力しているようでした。スポーツ選手が引退すると太る人が多いですが、体型も細身で、すごく真面目に努力している人なんだなあ、と感心してしまいました。

テレビで出ていたころはなんか不真面目そうな人に見えたんですが、実はかなり努力家で真面目な人なんでしょうね。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村