マリオットインターナショナル(MAR)100ドルまで回復!

こんばんは、チャイです。「Go Toトラベル」キャンペーンに東京都も2020年10月1日から加わることが決まり、そろそろ旅行業界も底打ちしてきた感があります。私の保有銘柄の中で、旅行に関連しそうな銘柄といえば、ボーイング(BA)デルタ航空(DAL)マリオット・インターナショナル(MAR)になります。その3銘柄のうち、MARが一番底打ち後の回復傾向が良いです。

底値から2倍

ホテルチェーン最大手のマリオットグループの銘柄です。コロナショックの最悪期は、46ドルまで下がりましたが、現在、99.26ドルです。最近は全面安状態なので、若干下がりましたが、少し前までは100ドルを超えていました。過去最高値は、昨年末の153ドルで、旅行業界が最盛期だった時期です。最悪期から2倍上がりましたが、最高値からはまだ3分の2です。配当も停止してしまっています。

琵琶湖マリオットホテル

「Go Toトラベル」の恩恵にあやかって、「琵琶湖マリオットホテル」に宿泊してきました。

ここのホテルは、グレードはやや高めです。カテゴリー分類で5になります。大阪だと、シェラトン都ホテルやコートヤードバイマリオットホテル新大阪と同じグレードです。

プラチナ会員だったので、チェックインの時に、部屋のアップグレードをしてもらいました。1名での宿泊でしたが、ツインルームです。琵琶湖がよく見えます。

客室のバスには、なんと天然温泉がついています!関西人以外には知られていませんが、琵琶湖のほとりには温泉が出るのです!

コスパ最高

さて、これでいくらでしょう?土曜日に宿泊したのでお値段高めです。

しかし、「Go Toトラベル」の割引後で、税サ込みで、なんと11,109円です!

当然これは、アメックスSPGカード会員なので自動的にゴールド会員待遇で、その上、私は宿泊回数履歴が多いためにプラチナ会員だったから、お部屋がアップグレードしていたせいということもありますが、それでも、会員であろうがなかろうが、宿泊料金は一緒です。

ビュッフェ復活

プラチナ会員だと、朝ごはんが無料です。コロナ感染に対する過剰対応で、ビュッフェスタイルの朝食が取りやめになっています。これは寂しいです。でも、琵琶湖マリオットホテルは、土日限定でビュッフェスタイルの朝食が復活しました。

マスクと手袋とエプロン着用で、料理を取らなければなりません。

並べられている料理も上からセロファンシートでカバーされていたり、サラダもパック包装されています。

こうやって、感染対策をしながら、サービスは回復しつつあります。上に政策あれば下に対策ありです。まだまだメニューが少ないですが、次第に料理の種類も増えていくのかなと思います。

旅行は本能

旅行って、なんとなく不要不急な気もするのですが、かなり人間の本能に近い欲求のような気もします。日常と違う世界を知りたい、とか、普段の生活から一時的に逃げ出したい、とか、旅に出たい、とか、オンラインで仕事や会議ができるようになっても、人間の本質的な欲求に根ざしているので、お泊まりで旅に行くことがなくなってしまう世界は訪れないと思います。

宿泊先はやはりホテルでしょう。キャンプする人とか寝袋で寝る人とかユースホステルに泊まったりする人もいるとは思いますが、もう私はそういう歳でもないので、寝心地の良いベッドで寝たいです。

車で行くにしろ、電車で行くにしろ、飛行機を使うにしろ、寝る場所は必要です。

旅は人生に似ている

私の大好きな旅小説「深夜特急」(沢木耕太郎著)にも書いています。

「旅は人生に似ている。以前私がそんな言葉を眼にしたら、書いた人物を軽蔑しただろう。少なくとも、これまでの私だったら、旅を人生になぞらえるような物言いには滑稽さしか感じなかったはずだ。しかし、今、私もまた、旅は人生に似ているという気がしはじめている。・・・」

私も30代の頃、この一節を読んだときに、まさしくその通りと腑に落ちた覚えがあります。旅をしたことがあって、年齢を重ねてくると、身に染みてわかってきます。

家族って?

琵琶湖の浜辺にも実際に行ってみると、小さな子供2人を連れた家族連れが遊んでいました。家族と一緒にいると旅行もきっと楽しいでしょう。そう考えると、家族を持ちたいと思うこともあります。でも現実は、それなりにあの父親も苦労しているだろうし、お金もかかっているだろうなあ、費用対効果を考えると、家族って、どうなんだろう?と考えてしまいます。

パッと見た感じと現実は違う

これと同様に、琵琶湖で水上スキーを楽しんでいる人がいました。

僕ももっと若かったら、やっていたのかな?

いや、若い時にああいうたぐいのスポーツしてなかったし、やっぱりやらないでしょうね。なんかお金かかるし、しんどいし、めんどくさいです。若い時は、プラモデル作ったり、ファミコンしたり、ラジコンしたりしていたなあ。そんな人はマリンスポーツしません。

住居もそう。広い庭とか大きな家はなんとなくいいように思う時もあるのですが、実際住んでみると光熱費もかかるし、エアコンの効きが悪いし、庭の雑草抜かないといけないしで、大変そう。家は庭がなくて狭いマンションが私にとっては最適です。別荘も要らないですね。メンテ大変。

それなら、いろんなところに旅して、ホテルに泊まりたい。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村