眞子さま、それでも結婚のお気持ちをあらわされる(悲)

こんばんは、チャイです。すみません、奈良に遊びに行っていたせいで、その後の仕事がパンパンに詰まっていて、ブログ更新している暇がありませんでした。時事ネタですが、秋篠宮家の長女、眞子さまが大学時代の同級生である小室圭さんとの結婚のご意志がやはりあることを文書であらわされました。

3年間も延期状態

眞子さまと小室圭さんとの間には、婚約が内定していましたが、かれこれ3年間も結婚に関する行事が延期になってしまっています。

小室圭さんのお母さんと元婚約者の男性との間に400万円の借金トラブルがあり、お母さんはもらったという主張で、元婚約者の男性は貸したと主張しています。親の借金だから、小室圭さんには直接関係ないと言えば関係ないのかもしれませんが、小室圭さんの大学進学に使用されたお金なので、本人は知りませんとも言いにくい状況に陥っています。

400万円ぐらいの借金、別に利息がつけるとか言っているわけではないので、社会人なんだから、さっさと月賦かなんかで払っていけばいいのに、なんだか煮えきれないまま、ずるずると3年も経ってしまっています。

小室圭さんの経歴

小室圭さんは、ニューヨーク州のフォーダム大学のロースクールに留学しています。アメリカの司法試験に合格するのは、極めて簡単です。

小室圭さんは、法律事務所に勤めていました。その前は、大学卒業後、三菱東京UFJ銀行に勤めていました。

弁護士なりますニートあるある

この経歴から察するに、銀行勤めだったが銀行員としてうまくやっていけず、しょうがないので、弁護士になろうかなと思い、法律事務所で手伝い働きをしつつ、実際に勉強してみたら、日本の司法試験は難しいことが判明し、アメリカの司法試験の資格を取る方向に進路変更しました!という弁護士なりますニートあるあるではないかと思います。

私の友達でも、日本の司法試験を受験するとか言って、大学卒業後も浪人して、暇つぶしにパチンコ行って、途中から親に働けと言われて、法律事務所の下働きして、そのままうやむやになっていた人がいましたから小室さんのことよくわかります。

アメリカと日本の弁護士資格は違う

アメリカでは弁護士の資格を取っても、日本の弁護士のようにアールマイティーな資格ではありません。資格をとってからのマーケット競争が激しく、ネイティブスピーカーでない日本人に依頼する米国人顧客なんて、すごく少ないでしょうから、在米日本人の案件専門弁護士みたいになってしまいます。

しかも、アメリカは州ごとに違う国ですから、ニューヨーク州以外の州では弁護士資格はありません。

アメリカの弁護士資格では日本の裁判は扱えず、日本に帰ってしまうと、日本人がニューヨーク州で裁判をしたいときだけに仕事が回ってくる極めてレアな案件ぐらいです。

また、いくらアメリカの弁護士を長く勤めても、日本の弁護士資格は得られることはなく、やはり日本の難しい司法試験を合格する必要があります。

帰国したら雑用係

日本の法律事務所が滞在費を親切にも給料として支払ってくれているようですが、帰国したら、事務所の雑用と、ごく稀にあるアメリカでの訴訟へのアドバイザー係ぐらいしか仕事がありません。

秋篠宮皇嗣殿下の御判断

確かにそう考えると、秋篠宮皇嗣殿下が結婚に反対されるのも無理はないと思います。

眞子さまが皇族から民間人になられるときには、1億4千万円の支度金が支払われますが、使途は自由とはいえ、小室家の借金に充てるのは、国民の一部からは反発が出ることが予想されますし、国民からの皇室に対する尊敬の念を揺るがす事態に陥る可能性も否定できません。

オーバーな言い方になるかもしれませんが、国体の護持に関わる案件です。

1億4千万円をS&P500ETFに投資

1億4千万円あれば、それを米国株のS&P500ETFに投資したら、年平均7%のリターンが得られます。年間980万円のリターンです。20%の税金が引かれても784万円で、毎月手取り65万円になります。

すごく贅沢ができるわけではありませんが、小室圭さんの収入が途絶えても、充分やっていけるはずです。

また借金したら

ただ、このような経歴のしっかりしていない人だと、堅実にS&P500ETFに投資してその利益だけを生活費に充てるというようなことをするとは思えません。もしかすると、無計画に使ってしまって、借金を抱えるかもしれないです。小室さんの親がお金持ちなら、埋め合わせてもらえそうですが、その可能性はゼロです。

借金を抱えて首を回らなくなっても、民間人になってしまった眞子さまを国がお守りすることはできません。

秋篠宮皇嗣殿下の御判断は、極めて正しいと私は思います。

なんでそんなにモテるの?

しかし、すごい不思議なのは、収入もしょぼくて、借金問題があって、将来の進路も中途半端な男が、なんで、若くて上品で可愛らしい眞子さまの一途な愛を3年にもわたって受け続けるのか?しかも1億4千万円も持参金を持ってきてくれるし、私だったら、何がなんでも日本の司法試験に合格して、借金を返して、結婚しますよ。

私の方が収入もずっと多いし、仕事も安定しているし資産も多いはずなのに、そんな良いこと、これまでの人生で一度もなかったです。

愛ってなんだろう?

みなさん、そんなに一途に愛されたことありますか?少なくとも私は、大人になってから、そんなに一途に愛したこともないですし、一途に愛されたこともないです。

小室圭さんが羨ましいです。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村