新型MacBook Pro発表!アップル(AAPL)の利幅は大きい

こんばんは、チャイです。日本時間の2021年10月19日(火)午前2時に、アップル(AAPL)の新製品発表会がありました。

新型MacBook Pro

仕事で疲れていたので夜更かしせずに、早く寝て朝早く起きて、字幕のついた動画を視聴しました。Siriで起動できるApple Musicや第3世代のAirPodsなどの発表がありましたが、私が注目していたのは、やはり新型MacBook Proの14インチです。

チップは、Apple M1 Proで消費電力を抑え、かつ高性能です。液晶モニタはベゼルが詰められて、表示面積が大きくなっています。サイズは、14インチと16インチの2種類で、14インチが税込239,800円から、16インチが税込299,800円からになっています。

MacBook Proは高い 

今時、ノートパソコンって、10万円ぐらいで買えるのに、MacBook Proは2倍以上の価格設定です。

それだけ、アップル(AAPL)にブランド力があるということですし、半導体不足で生産台数が少なくなっても、この価格設定なら利益もかなり出るはずです。チップもアップル独自開発ですから、これまでのIntelチップのMacよりも利幅が大きいはずです。

今回は見送り

半導体不足で生産台数が少ないと、マックユーザーは余計に欲しがります。

じゃあ、買いますか?ということですが、今回は私は見送ることにしました。

昨年12月に、M1チップ内蔵のMacBook Pro 13インチを購入したばかりですし、新型MacBook Pro 14インチの重量が重いんですよ。

現行13インチが1.4キロで、これでも重いなーと思っているんですよ。それが、新型14インチになると、1.6キロになります。こりゃあ、毎日出かける時に持っていくのが苦痛になります。ちなみに、新型16インチは、2.1キロです。もう漬物石状態です。

ヘビーユーザー向き

液晶のベゼルが詰められているので、新型14インチは、13インチと同じ重さで同じサイズであることを密かに期待していました。でも現実は、200グラム増量です。購買意欲失せました。そもそもそんなに動画編集しないですし、そこまでハイスペックなMacBook必要かな?と私は思っているのですが、自宅で色々動画の仕事をしている人にとっては、すごく重宝するノートパソコンだと思います。

MacBook Proは14インチ以上になる?

この先、13インチの新型MacBook Proが登場するのかなあ?多分、登場しないような気がしてきました。

これまでも13インチはMacBook Airとサイズが被っていました。現行MacBook Airは、1.29キロで、私の13インチMacBook Proよりも、110グラム軽いです。

新型MacBook Airに期待

巷の噂では、新型MacBook Airが登場するのは、2022年の夏秋ごろと言われています。おそらく、液晶ベゼルが詰められて、サイズももう少し小さくなって軽くなったのが登場するはずです。ギリ1キロぐらいのMacBook Airが出てくれないかなあ?

以前に愛用していたMacBook 12インチが1キロ弱ですごく身軽だったんですが、サイズ的にiPadの大きいやつと被ってしまうので、今後登場することはないでしょう。

やっぱり来年の新型MacBook Airが登場するまで待ちます。今のところ、13インチMacBook Proでも少し重いだけでそれ以外特に不満はないですし。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村