こつこつドカーン!2022年初日から株資産1,000万円近く失う!

こんばんは、チャイです。2022年1月3日の初取引日までは好調でした。その後、米国株式市場は、利上げが早まるという観測やオミクロン株の拡大懸念などから下落し続け、週明けの月曜日1月10日も下落しました。そろそろ底を打ったんじゃないかと思うのですが、油断できません。

951万円吹っ飛んだ!

私の株資産も1月3日までは好調でした。一時1億8千万円を突破しましたが、その後、下落続きで、1月10日終値現在で、なんと、951万円も減少してしまいました。

株資産の規模が大きくなると、株が上がれば資産が拡大するのも大きくて嬉しいんですが、下がる局面では、吹っ飛ぶ資産も大きいです。

冷静になろう

こういう時に、平静を保つことは大切です。冷静になりましょう。冷静にならないと自分の投資に疑問を感じて、せっかくの優良銘柄を売ってしまう衝動に駆られてしまいます。冷静になるために必要なことは、大型優良株を保有していることを自覚して、必ず株価が回復することを信じることです。

もう一回、保有している銘柄をおさらいしてみましょう。

AAPL、MSFT、AMZN、GOOG、ADBE、V、SMH、MAR

ハイテク銘柄が多いですが、大船ばかりです。不沈戦艦です。

ADBEがかなり売られましたが、ADBEの寡占性を考えると、絶対回復すると思います。

遠目で見る

2番目に冷静になるためのコツは、株式市場を遠目で見ることです。長期チャートをもう一回見てみることです。

これがS&P500の短期チャートです。

これがここ1年間のチャートです。

宇宙から見た地球

たった1年間のチャートなのに、めっちゃ右肩上がりで、今年に入ってからの下落なんて、全く大したことのない、押し目買いのチャンスに見えてきます。なんて小さい下落にクヨクヨしていたんだろうっていう気持ちになります。

宇宙から地球を見た時のような気分って、こんな感じなのかもしれません。宇宙に行ったことないですけど。

痛い時の我慢の仕方

怪我した時とか、外科的治療を受けて痛い時、みなさんどうやって我慢しますか?私は、もっと痛い目に遭った人のことを想像します。拷問に遭った人とか、痛いことされながら処刑された人のこととか、そういうのを想像すると、自分の感じている痛みって、なんて大したことないんだろうって思って、我慢できます。

長期チャートを見るのはそんな心境かな?

おそらく、読者の皆さんの中にも株価が下がって痛い目にあっている人もいるでしょう。そういう人は、私のブログを見て、痛みを紛らわせてくださいな。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村