防衛関連銘柄 ロッキード・マーチン(LMT)とノースロップ・グラマン(NOC)は過去最高値更新

2019年7月末からアメリカ株式市場は調整局面を迎えています。先週中盤から回復してきていたのですが、金曜日からまた下げ始め、月曜日の株式市場も開始早々大きく下げています。

LMTとNOCが過去最高値更新

そんな荒れ模様の相場ですが、意外にも私の保有銘柄の防衛関連銘柄のうち、ロッキード・マーチン(LMT)ノースロップ・グラマン(NOC)が最高値を更新しています。

元々、これらの銘柄は、昨年の1月ごろまでは極めて順調に株価が上がっていました。防衛関連銘柄は、アメリカ産業のかなり根深いところに浸透しているので、手堅く株価が上がっていくのが普通です。ですから、私は、防衛関連銘柄のうち、ロッキード・マーチン(LMT)ノースロップ・グラマン(NOC)レイセオン(RTN)ボーイング(BA)にほぼ均等に分散投資を行いました。

LMT、NOC、RTN予想外に低迷

実際のところ、BAは2018年以降もグイグイ上昇していったのですが、LMT、NOC、RTNはその後予想外に株価がもたつきました。理由はよくわかりません。とにかく、2018年の暮れまで、ジリジリ株価が下がっていました。

ご存知の通り、この3銘柄がアンダーパフォームしていたので、リバランスのために過去繰り返し、買い増しを行なっていましたが、こんなに下げ続けると、正直なところ、本当に上がるのかな?と心配になっていました。

BAが今度は苦戦

結局のところ、LMT、NOC、RTNそれぞれ2019年から株価は回復しました。一方、順調だったBAの方は、737Maxの墜落事故の件で、その後、株価が大幅に下がっています。

LMTの予想PERは14.9倍、EPSが20.52ドル、ROEが346%です!

NOCの予想PERは16.54倍、EPSが19.30ドル、ROEが38.12%です。

これまで何が悪かったのかさっぱりわからないです。ある意味、割安放置されていたのかもしれません。

またRTNの方は、ユナイテッド・テクノロジーズ(UTX)への買収の見通しが不透明なので、市場が懐疑的になっており、株価の上値が抑えられています。

結局、今となっては、株価が上がってラッキーと思っていたBAがスランプに陥り、株価が低迷していたLMTとNOCが過去最高値を更新し、RTNは買収報道で株価が上がりにくくなっています。

防衛関連銘柄はワイドモート

でも、結局のところ、これらのアメリカ防衛関連企業は、それぞれが独自の技術を持っているので、他の企業に取って代わられる心配がありません。

そんなワイドモートの銘柄ですら、1年ぐらい株価が低迷すると、正直不安になってきます。

だから、分散投資は大切です。だって、今現在、RTNやBAの株価が低迷しているなんて、予想外でしょ?

でもきっと近いうちに過去最高値更新すると思います。

売ったら負けです!

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村