ロッキード・マーチン(LMT)決算発表市場予想を上回る

新型コロナウィルス感染拡大で、湿っぽい相場が続くなか、ロッキード・マーチン(LMT)の決算発表が2020年1月29日の取引開始前にありました。

結果は市場予想を上回った

EPSの市場予想は、5.01ドルに対し、結果5.29ドルで市場予想を上回りました。売上高は市場予想が152.5億ドルに対して、158.8億ドルでこれも市場予想を上回りました。昨年同期のEPSは4.39ドル、売上高は、144.1億ドルだったので、着実に成長しています。

ガイダンスはEPSが市場予想を下回る

2020年の1年間のEPSは、23.65~23.95ドルを見込んでおり、売上高は、627.5億〜642.5億ドルを見込んでいます。市場予想は、EPSが24.23ドル、売上高は626.23億ドルです。EPSのガイダンスだけが市場予想を下回っています。

F35売れまくり

2019年の1年間で、世界最強の戦闘機であるF35をアメリカ合衆国とその同盟国に対して、134機も納入しました。これは2018年に比べて、+47%の増加です。

ちなみに、日本政府は、F35を購入して、合計147機にすることを表明しています。総額1兆7,052億円になります。米ドルで155億ドルですね。大体、LMTの四半期1個分の売上高に相当します。

高配当な優良株

日本時間1月28日23時現在のプレマーケットでは、+1.4%上昇しています。現在のPERは、20.56倍で、S&P500の現在のPERと比べても、割高ではありません。配当金も年2.22%もあり、配当狙いでじっくり保有することもできます。

LMTは、ぜひ皆さんに、ポートフォリオの1つに加えていただきたい優良企業株だと思います。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村