よかった〜!小室圭さんNY司法試験合格

こんばんは、チャイです。NY司法試験に2度不合格になり、ほぼ崖っぷちだった小室圭さんが2022年10月20日3度目の正直で合格しました。

ほんとよかった

ほんと、よかったです。試験に2回も落ちて面目丸潰れの状態からよくぞ合格してくれました。

このままずるずる行って、夫婦で帰国されるのかと心配しましたよ。司法試験受験生あるあるで、ずっと受験勉強しているふりして遊んでいる人っていますから、。私の同級生にもいましたよ。最後は塾の先生のバイトしていたなあ。だから、2度も落ちちゃうと、ああやっぱりって思ってしまいますよ。

もしかしたら、ヒモ生活になってしまって、経済的に厳しくなってくると、よからぬ話を持ちかける人も出てくるかもしれないです。

そうしたら、眞子さまへ「生活のためにもここはひとつ出演してもらえませんか?」みたいな話になるかもしれないです。

私、良くない妄想しているかも。ごめんなさい!

試験落ちたら終わり

試験の合格不合格、選挙の当選落選は、1点差、1票差でも天と地の差が出てしまいます。受験生が試験落ちたら、ただの人間かそれ以下、政治家も落選したらただの人以下ですよ。いくら惜しかったとしてもいくら努力したとしても、何も得ることはできません。

オリンピックの1位と2位の差以上に落差激しいです。オリンピックで2位でも銀メダルはもらえます。しかし、試験落ちても何ももらえません。

だから、試験と選挙はたとえ1点差、1票差でもいいから絶対に勝たなければならないです。

小室圭さん、勝てば官軍、まさにその通りです。これまで賊軍扱いでしたが、錦の御旗を掲げた官軍の大将!批判していた人たちの方がむしろ賊軍です。

私の経験

ところで、私も大学受験で経験があるんですよ。第1志望の大学に見事合格しましたが、後ほど出身校に通知があった自分の採点を見てびっくり!なんとその大学の合格者の最低得点と自分の点数が全く同じだったんです!

大学受験では、ボーダーラインでは、1点差で何人もの受験生がひしめきあっています。

もしあの時、1問取りこぼしていたら・・・、もし記述式の採点をした先生が1点余分に減点していたら・・・、そう考えると今でも脂汗が滲んできます。

もし不合格だったら、自分の人生は今とは大きく違ったものになっていたでしょう。

小室圭さんおめでとう

受験生だった時からすでに何十年も経ちますが、いまだに受験の時の夢をみてうなされる時があります。

そういう経験をした私だからこそ思うんですよ。小室圭さん、本当によかったです。

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村