鹿児島 山椒 文化通りの貝汁屋さん

先日、鹿児島に仕事に行った夜に、飲みに行きました。鹿児島の飲み屋街は、文化通りというところです。私はお酒に弱いので、飲んだ後は、必ず、ヘパリーゼかウコンを飲んで、二日酔いにならないように心がけています。

飲んだ後の〆に貝汁最高!

その文化通りの奥にあるのが、この貝汁屋さんの「山椒」です。お酒を飲んだ後に、なぜか味噌汁とか飲みたくありませんか?

貝汁という料理は、関西では聞き慣れない料理ですが、もともとは、熊本県の天草地方の郷土料理で、アサリの味噌汁のことです。

みなさん、潮干狩りに行ったことがありますか?私はないですが、潮干狩りのアサリは、業者が砂浜に播いています。しかし、熊本の天草の海岸では、潮干狩りで、天然のアサリが採れます!都会人には驚きです!

ちなみに「山椒」アサリ熊本産です。天草地方の国道を車で走っていると、「貝汁定食」と書いた食堂をいくつか見かけます。素朴な料理なので、どこで食べても大して変わらないと思いますが、この「山椒」の貝汁は、飲み屋街でお酒を飲んだ後だから、大変美味しいのです。

アサリがいっぱい

すでに、かなり飲み食いしたあとだったので、貝汁だけを注文しました。メニューのとおり、貝汁定食もあります。ごはんまでは、いらないので、単品で、豚ミソも注文しました。

これが豚ミソです。酒のアテにはちょうど良いお味です。

さて、これが貝汁です。かなりいっぱいアサリが入っています。

同じ大きさの空の鉢も付いてきました。たべたアサリを入れるための鉢です。

実際のお味ですが、お酒を飲んだ体に染み込むような素朴な味で、一人で貝汁を啜っていると、まさしく、日本人に生まれて良かったな、としみじみ思ってしまいます。これから冬の季節になればなお美味しいです。

食べたあとの貝殻はこんな感じになります。

ちなみに今回は、「わっぱめし」は試しませんでしたが、木で出来た丸いお弁当箱みたいな容器が「わっぱ」とよばれるもので、ご飯と魚や野菜などが入っているどんぶりで鹿児島の郷土料理です。

1969年創業の由緒正しき貝汁やさんです。

 

鹿児島市千日町9-1-1F

099-227-3040

営業時間, 月~木PM6:00~AM2: 00 金・土・祝前日PM6:00~AM2:30.

定休日, 日曜日

山椒郷土料理(その他) / 天文館通駅甲東中学校前駅高見馬場駅
夜総合点★★★☆☆ 3.0

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村