日本は財政破綻する?その2 三橋貴明氏も破綻しないと

国債を毎年どんどん発行していけば、その利息も毎年膨れ上がって支払わなければなりませんし、いつかは政府が国債を買い戻さなければなりません。そのために消費税をむちゃくちゃに引き上げて、国民の生活を混乱させるか、預金封鎖して、国民の貯蓄に100%近い税金をかけて、財産を没収して、そのお金で国債を買い戻すとか、そういう荒技で帳尻を合わせると私は思っていました。

三橋貴明氏の説

経済評論家の三橋貴明さんが日本が国債破綻しない理由を述べられています。

まず、三橋さんの説でも、前回のブログで紹介したユーチューバーのラファエルさんの意見同様、国債は、「国の借金」ではなく、「政府の負債」という意見でした。

また、日本が海外に対して、貸しているお金と借りているお金の差額は、355兆円で、やはり世界最大の債権国であるという事実も述べられていました。

日本政府が発行する国債は、国内で保有されている、つまり国民が保有しているので、親が子供に借金している状態なので、よそから怖い借金取りがやってこないという麻生太郎さんの論理は、おおむね三橋さんの意見と同じでした。

銀行が喜んで国債を買っている

では、日本政府が発行している国債は、日本人のだれが保有しているのでしょう?これは、「銀行」だということです。

銀行は、国民から預金してもらっています。安い利息ですが、利息を払わないといけないので、銀行は、企業や商売人に預かったお金を貸して、より高い利息をゲットしなければつぶれてしまいます。

でも、デフレなので、だれも借り手が見つからず、政府が発行する国債を喜んで買って、利息をもらっているそうです。

つまり、国債は、銀行を介して国民の預金で買っているので、端的に言えば、国債は国民が保有していることになります。

日銀が国債を買い戻している

さて、銀行が保有する国債を最終的にどう帳尻を合わせるのかなのですが、なんと、日銀がお金を印刷して、銀行から国債を買っているそうです。

日銀は政府の銀行だから、政府が発行した国債は日銀を介して政府に戻ってきているのです。

なんかタコが自分の足を食べて生きているようで、グルグル回っていて大丈夫なのか心配なのですが、大丈夫だそうです。

銀行は国債を売りたくない

日銀がどんどんお札を刷って、国債を銀行から買い戻せば、政府の借金はなくなることになります。しかし、実際には、国民から預かった預金を高い金利で借りてくれる会社がデフレのせいでみつからないので、銀行は国債を保有することで利息をもらって運営しているそうです。だから銀行は、日銀に国債を売りたがらないくらい、国債は銀行にとって人気商品だそうです。

デフレだからインフレにならない

日銀がせっせとお札を刷って、国債を銀行から買い戻したら、市場に円がだぶついてインフレになりそうですが、実際、日本はデフレが続いていて、2%のインフレ目標を達成できていません。デフレの状態では、なかなかお札を刷ってもインフレにならないそうです。

これが、景気が良くなったら、会社が銀行からお金を借りるようになるので、国債の人気が低下して、銀行が国債を売りたくなります。そうなると日銀が慌ててお金を刷って国債を買いますから、好景気によるインフレとお金のだぶつきによるインフレで、どえらいインフレになる危険性があります。

財務省の役人の出世のため?

以上のような理屈であれば、なんで財務省の官僚は、国債破綻する危険性を煽って、消費税を上げようとするのでしょうか?消費税を上げると、消費が冷え込んで、余計にデフレになってしまいます。

財務省のお役人は、各省庁に予算をばらまくのが仕事だから、そのためにいろいろ理由をつけて、税金をたくさん徴収して、さらに緊縮財政をして、予算ばらまきに勿体つけて、各省庁に偉そうにすることが出世の早道だからだという説です。

財務省の官僚は賢いし使命感は高い

しかし、そこまで、財務省の高級官僚は悪者なのでしょうか?高級官僚になるためには、国家公務員一種の試験を合格しないといけませんし、合格者のなかでも財務省に入るためには相当優秀でないと無理です。文系学部で最も最難関の東京大学の文科1類に入学した人の中でも一部の人しか財務省には入れません。高級官僚はとんでもないほどハードワークで、ブラック企業の社員どころの騒ぎではなく、普通の人ならすぐ過労死してしまうほどの仕事量をこなさなければなりません。

私は、多数の東大卒の人たちと交友がありますが、みなさん大変まじめで優秀で、全体のことをよく考えてリーダーシップのある尊敬できる人たちがほとんどです。

省庁にも、おそらく一部の不真面目な人もいるとは思いますが、大多数の人はしっかり日本全体のことを考えて仕事をされていると思います。にも関わらず、財務省全体がそんな変なことになるとはちょっと信じがたいです。

少なくとも、ユーチューバーやブロガー、経済評論家よりは、優秀で信頼できる人たちばかりだと思います。

結論、わからない

私は、これまで、日本の国家財政は帳尻が合わなくなって、円が弱くなって、円安が進んでいくと思っていました。だから、資産防衛のためにもドル建ての米国株を保有しているわけです。

しかし、以上のような理論から、国債破綻は起こらず、円の暴落も起こらず、このまま、ドル円は、90円から120円ぐらいの間を行ったり来たりしているレンジ相場が続いていくのかもしれません。