1ドル151円で日銀介入!

こんばんは、チャイです。2022年10月21日(金)、ドル円相場がついに150円を突破する円安になりました。

一時1ドル151.5円!

米国の金曜日の取引が開始する時間後、150円を突破した円安はさらに加速し、1ドル151.5円も突破しました。

日本時間で夜中のことだったので、日銀がドル売り円買いの介入をするとしたら、週明けだろうなと私は考えて、そのまま週末金曜日の夜は床についたんですよ。

政府・日銀が介入!

朝起きると、米国株は大きく上昇していたのを確認して、そこまでは良かったんですが、昨夜までは1ドル151円だったドル円相場が、なんと1ドル147円台まで円高に戻っていたのにびっくり!

日経新聞の報道によると、政府・日銀が円買いドル売りの為替介入に踏み切ったと関係者が明らかにしたとのことです。

どうも、日本が週末に入り薄商いに入るタイミングを見計らって、日銀が介入に入ったようです。

確かに、平日の取引中にこんなことされたら、市場が混乱しますし、さすが日銀よく考えています。

日銀の為替介入は日本が夜間や休日でもできるそうです。役人さん、週末夜中も真面目に働いているんですね。まさか、私みたいにベッドに寝そべって、ネット証券でポチっている訳ではないでしょうし、ちゃんとみんな出勤して真面目に打ち合わせしながら、介入しているんでしょう。

タイミング難しい

結局のところ、現在1ドル147.5円あたりまで円安に戻っています。

じゃあ、私も日銀に負けずに、この円高へ一時的に振れている夜間休日に円売りドル買いしようかと思いましたが、なんと楽天証券が休日メンテナンスに入っていてできません。

月曜日になったら、ドル円はどうなっているんでしょう?多分、微妙にさらに円安が進んでいるんでしょうね。なかなかタイミンよく押し目買いできそうにありません。

どなたかタイミングよく円高に触れた時にドル買いできた人いますか?

米国株ブログランキングの最新版はこちら!

投資の参考になりますよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株
にほんブログ村